佐渡裕×辻井伸行が松坂桃李主演『マエストロ!』に参加

[シネママニエラ]さそうあきら著のコミック「マエストロ」を松坂桃李×miwa×西田敏行というキャストで実写化した、感動のオーケストラ・エンタテインメント映画『マエストロ!』の特報映像とポスターが届いた。

松坂桃李×西田敏行『マエストロ!』初演奏に挑む!
©2015『マエストロ!』製作委員会

松坂桃李に樹木希林が助言

若手実力派俳優の松坂桃李、日本映画界の顔・西田敏行が初共演し、初めての楽器演奏と指揮に挑む本作。人気シンガーのmiwaにとっては、映画初出演となる。さらに!日本を代表する指揮者の佐渡裕と、奇跡のピアニスト辻井伸行の参加も明らかになった。ラストのコンサートシーンの楽曲「運命」「未完成」は佐渡の指揮で、ドイツの名門ベルリン・ドイツ交響楽団によって演奏されており、重厚感のある本物の音色が感動をより高める。また、エンディング楽曲は辻井の書き下ろしで、その感動を優しく包み込むもの。

沢渡氏は「今回、指揮指導と劇中音楽の指揮という形で映画製作に関わることが出来たことを大変光栄に思っています。西田さんの指揮姿は非常に説得力があり、作品全体を引っ張り、感動をもたらす原動力になっています。一人でも多くのお客様にこの映画をご覧いただき、クラシック音楽の世界を少しでも体感し、楽しんでいただければと思います」とコメント。

辻井氏も「作曲に関しては、実際に撮影現場におじゃまさせて頂きイメージを膨らませました。普段クラシック音楽に触れる機会が無い方にも是非観て頂けたらと思います」と、映画音楽は『神様のカルテ』『はやぶさ~遥かなる帰還』以来、3作目となる。

監督は『毎日かあさん』の小林聖太郎、脚本は『八日目の蝉』の奥寺佐渡子。若きヴァイオリニスト香坂のもとに舞い込んだ、解散した名門オーケストラ再結成の報。だが、練習場は廃工場、集まったのは再就職先も決まらない「負け組」楽団員たちとアマチュアフルート奏者のあまね。合わせた音はとてもプロとは言えず、不安が募る。そこに現れた謎の指揮者、天道。再結成を企画した張本人だが、経歴も素性も不明、指揮棒の代わりに大工道具を振り回す。

映画『マエストロ!』は2015年1月31日[土]より全国ロードショー

映画『マエストロ!』予告編

映画『マエストロ!』特報


©2015『マエストロ!』製作委員会

2015年日本映画/配給=松竹、アスミック・エース
日本公開=2015年1月31日
©2015『マエストロ!』製作委員会

松坂桃李『マエストロ!』は「最高の栄養剤」
松坂桃李主演『マエストロ!』より「聴く予告編」が到着
公式サイト maestro-movie.com
マエストロ! Blu-rayをAmazonで購入する
新装版 マエストロ(1) (アクションコミックス)をAmazonで購入する

モバイルバージョンを終了