『自由が丘で』の加瀬亮に釜山っ子が「大好き」コール

加瀬亮『自由が丘で』釜山国際映画祭[シネママニエラ]俳優の加瀬亮が主演映画『自由が丘で』が10月4日、第19回釜山国際映画祭コリアンシネマトゥデイ パノラマ部門での上映にあわせて渡韓し、共演した女優のムン・ソリ、そして敬愛するホン・サンス監督らと一緒に舞台あいさつに登壇。国際的に活躍する加瀬だけにファン層も広く、日本語で「加瀬さん、大好き!」とコールをおくる韓国人ファンの姿が目立った。

映画『自由が丘で』予告編

この日の正午は快晴の中、海雲台のVILLAGE野外ステージでのイベントに参加。開幕式の司会を渡辺謙とつとめた韓国の大女優ムン・ソリは「加瀬さんは同い年だけど、弟みたいなひと」と親しみを込めてコメント。加瀬にとって「こんなに演技をしていてたのしいことはないと思えないぐらいすばらしい現場。自分にとって本当に宝物のような映画」と語った。

観客との質疑応答で、加瀬は「監督にはそんなに(お酒を)飲めないということは事前に伝えたのですが。まるでそんなことは聞いてなかったかのような現場でした(笑)。でも(お酒を飲んで演技している自分を)観てみたら無意識にやってることなど新たな発見があっておもしろかったです」と新発見があっことを明かした。

韓国映画/67分
英題=HILL OF FREEDOM
日本公開=2014年12月日
配給=ビターズ・エンド
公式サイト http://www.bitters.co.jp/jiyugaoka/
©2014 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00WNFA2HQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”自由が丘で DVD”]

モバイルバージョンを終了