貧困ビジネスが題材の社会派サスペンス映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

貧困ビジネスが題材の社会派サスペンス映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

[シネママニエラ]俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する社会派サスペンス映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』(原題 99Homes )が、2016年1月30日より公開されることが決まった。

©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

ノーベル賞を受賞したアメリカの経済学者ジョセフ・E・スティグリッツが著書「世界の99%を貧困にする経済」の中で唱えた「世界中の富の4分の1をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」という説をベースに、本作はリーマン・ショック後のアメリカを舞台にして、金、欲望、モラルの間で人生を狂わせていく男たちを捉えていく。大切なものを守るために人間はどこまでできるのかを問いかける!

家族を守るために道を踏み外していく男を生々しく演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで世界的スターへと飛躍を遂げたアンドリュー・ガーフィールド。冷酷な不動産ブローカー役に、『レボリューショナリー・ロード』でアカデミー賞にノミネートされた他、多数の作品で個性派俳優として存在感を示すマイケル・シャノン。

ラミン・バーラニ監督が脚本を兼ねており、共同脚本にアミール・ナデリが名を連ねている。ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。

映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』あらすじ

無職のシングルファザー、デニス・ナッシュ(アンドリュー・ガーフィールド)は、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。たった2分間の猶予しか与えられず―。家族の思い出が詰まった家を何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバー(マイケル・シャノン)に金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。

[スタッフ]
監督=ラミン・バーラニ
脚本=ラミン・バーラニ、アミール・ナデリ
[キャスト]
アンドリュー・ガーフィールド、マイケル・シャノン、ローラ・ダーン

映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』(アルバトロス・フィルム配給)は、2016年1月30日[土]よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開

映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』予告編


©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

2015年11月02日 掲載
2016年01月17日 更新[予告編動画]

ドリーム ホーム 99%を操る男たち [DVD]をAmazonで購入する
公式サイト dreamhome99-movie.com
映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』リーマンショックの裏側を描く!
家族を想うとき(原題 Sorry We Missed You ) – 映画予告編
世界の99%を貧困にする経済をAmazonで購入する

モバイルバージョンを終了