松坂桃李「パディントンの紳士さ、優しい気持ちを大切にしたい」

[シネママニエラ]俳優の松坂桃李が1月16日、日本語版の声優をつとめた映画『パディントン』の公開舞台あいさつに出席し、本年の抱負として「パディントンのように紳士にふるまって、真摯に仕事に取り組みたいですね。優しい気持ちを大切にしたい」と語った。斉藤由貴、三戸なつめも登壇した。

パディントンと斎藤、松坂、水戸

映画『パディントン』作情報・予告編

パディントンがエスコートする形で松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが登場すると、場内からは大歓声が!「皆さん今日はお越しくださってありがとうございます!可愛らしいパディントンを観て、子供向け映画だと思っている方、結構びっくりされると思います。本当に面白い映画です!」と松坂が挨拶すると、続く三戸も「初めてのアフレコはすごく緊張しながらでしたが、パディントンにずっと癒されながら、楽しい時間を過ごすことができました。公開を迎えられて、素敵な時間を皆さんと共有できることが嬉しいです!」と興奮気味で挨拶。

一方の斉藤は「私が演じたブラウン夫人は、パディントン駅でクマを見つけて、パディントンの名付け役なんです!そんな大役を演じられて光栄です。」とコメントしつつ、「…あっ!これ、ネタバレかしら…!舞台挨拶が始まるまであんなに注意していたのに。でも本当にすごく素敵なお話しで、私自身クマに泣かされるとは思いませんでした(笑)」と観客の笑いを誘った。

ついに映画が公開を迎えたことに対して松坂は、「クマの声のお話をいただいたときは、衝撃が走りました、正直最初は「む、無理かも」と思いながら、「本当にクマを演じるんですよね?」って何度も聞き返してしまいました。でも有吉さんもやられていたし、頑張ってみようかと」と当初の気持ちを振り返り、「映像を観てからは、パディントンが終始可愛くて、早く皆さんにもその可愛さを伝えたいなと思っていたので、今日を迎えられて嬉しいです。」とコメント。“紳士すぎるクマ”のパディントンと自身との共通点を松坂は「ん~肌の色ですかね(笑)ずっとアフレコしながら思っていました。今日の服はパディントンをイメージした(ベージュ)なんです」と笑顔で返答する一幕も。

劇中のドジっこぶりにちなんで、最近やってしまった失敗を聞かれた3人は、それぞれ失敗談を明かした。
「今年の正月に実家に帰った際、甥っ子にお年玉をあげようと思っていたのに、あげる直前にお金を持っていないことに気が付いて…!焦ってすぐ銀行でお金をおろしました(笑)なんとか間に合いましたけど、3歳くらいになる甥っ子に適切な金額はいくらだろうと迷いました。いくらあげたかは秘密です。」(松坂)

「冬休みがあったお子さんも多かったと思いますが、私の子が冬休み最後の日に山ほど宿題が終わっていないことが発覚して…。「なんでこんなにやってなかったの~!」って頭からツノを出すくらいに怒ったんです。夜中まで頑張ってなんとかすべてやりきったのですが、翌日学校から「1つも宿題を出してない」って電話がかかってきまして…。昨日あんなに頑張って宿題をやったのに、勉強机に全部置き忘れていたんです。なんでランドセルまで入れるところまで確認しなかったんだろうって自分を反省しました(笑)」(斉藤)

「私は前髪が短いんですけれど、この短さでも巻くんですよね、前髪。でも短すぎておでこをやけどしちゃうことが多くて。最近もやってしまいました(笑)この短さだと隠しようがないので、気をつけます!」(三戸)

映画『パディントン』(キノフィルムズ配給)公開記念舞台あいさつ

映画『パディントン』(キノフィルムズ配給)は2016年1月15日より大ヒット公開中!
公式サイト http://paddington-movie.jp

[amazonjs asin=”B01ESEILOU” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”パディントン Blu-ray”]

モバイルバージョンを終了