阿部サダヲ「瑛太は最高の相方」と絶賛!羽生結弦選手との共演を語る

映画『殿、利息でござる!』(中村義洋監督)

©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

[シネママニエラ]俳優の阿部サダヲが4月28日に主演映画『殿、利息でござる!』の公開直前記念として、「映画を観る前に!「殿、利息でござる!」をさらに楽しむ3つのマル秘情報を“つつしまず”にお伝えしちゃいます」と銘打って行われたトークイベントに出席し「もう本当に最高の相方!」と瑛太の心遣いを絶賛した。

提供 松竹

阿部サダヲ「瑛太は最高の相方」と絶賛!羽生結弦選手との共演を語る

本作は、磯田道史著「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、今最も注目を集める中村義洋監督が完全映画化した痛快歴史エンターテインメント大作。

重い年貢に苦しむ町を救うため、奇想天外なアイデアを実行しようとする主人公・穀田屋十三郎(こくだや じゅうざぶろう)を演じた阿部と、その十三郎の良き相棒であり、町一番の自称キレ者の茶師・菅原屋篤平治(すがわらや とくへいじ)を演じた瑛太が撮影を振り返った。

【じつは、こんなところで撮影した、でござる!】

ビンボーな宿場町を再現するにあたり、山形県の山奥にあるロケーション、スタジオセディック庄内オープンセットで行われた撮影を振り返った二人は、「ここは、色々な映画で使われている場所みたいですが、僕自身は初めてでした。山の中腹にあって、時代劇向きの自然がたっぷりの場所だったので、とても演技がしやすかった」(阿部)

「現場に入ってしまえば、物語の世界観に浸れる、役者にはありがたい撮影地でした」(瑛太)とそれぞれコメント。「ただ、夜にはカブトムシとかクワガタとかが沢山集まってくるんですよ。虫好きの自分にとっては楽しかったですね。ただ、着物にカナブンが入ってくるのはちょっと嫌でしたね(笑)」と続ける瑛太に、阿部も「本当に虫多かったですね。虫よけスプレーも全然聞かないんだよね(笑)」と笑いを誘う。

さらに、撮影後の食事やお酒の席について「瑛太さんが手配してくれることが多かったんです。しかも僕のその日の健康や体調にまで気遣ってお店を選んでくれて、もう本当に最高の相方!」と瑛太の心遣いを絶賛する阿部に、瑛太も照れ笑いを浮かべた。

【じつは、殿役を知らなかった、でござる!】

提供 松竹

スクリーン上で、羽生結弦演じる殿が、阿部・瑛太らキャストの前に初めて現れた際のメイキング映像も紹介され、「本当にびっくりしました!本番直前まで本当に誰も聞かされていなかったので。色々みんなで話して、最終的にはサンドイッチマンの伊達さんなんじゃないかと推測していました。羽生さんが登場したときは、びっくりしすぎてじっと見ちゃいましたよ。殿様なので見てはいけないのに…(笑)すごく綺麗で演技もとてもナチュラルで、役者として、美しかったです。なんかニヤニヤしちゃいました」と、撮影裏エピソードを明かした阿部。

瑛太も「羽生さんが登場した瞬間は、全然演じられていなかったですね。素で驚きと嬉しさが顔に出ちゃってました。本当にキラキラしてましたから。終わったあとに2ショットも撮影してもらった」とご満悦だった。

映画『殿、利息でござる!』(松竹配給)は2016年5月7日[土]より宮城県先行/5月14日[土]より全国公開

公式サイト http://tono-gozaru.jp/
殿、利息でござる! Blu-rayをAmazonで購入する

モバイルバージョンを終了