ロージー・ハンティントン=ホワイトリーの脚線美にクギ付け!

シャイア、ロージー、ベイ監督
シャイア・ラブーフとロージー・ハンティントン=ホワイトリーとマイケル・ベイ
[シネママニエラ]6月23日(現地時間)、第33回モスクワ国際映画祭のオープニング作品として映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のワールド・プレミアが行われた。USマキシム誌で現在最も美しい女性に選ばれた、第3弾からヒロインを務めるロージー・ハンティントン=ホワイトリーが、グッチのドレスで登場。視線くぎ付けになること必至な脚線美をおしげもなく披露。プレミアに参加したキャストは、シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・マルコビッチ、パトリック・デンプシー。

メイン会場となるプーシキン劇場前のグリーン・カーペットには、マイケル・ベイ監督をはじめとするスタッフ、キャストが集結。ベイ監督は、このヒット・シリーズの最新作をフル3Dでの実写撮影を中心に行うという困難な手法を選んだきっかけは、スピルバークやキャメロンから「3Dで撮影すべき」と強く勧められたからだと明かした。その2大監督も絶賛した世界最新の3Dは、従来の概念を覆すリアルな奥行きを見事に表現。報道陣や観客からは、映画『アバター』以上という声がひっきりなしに聞かれた。

さらに赤の広場では、ポクロフスキー聖堂(ワシリー寺院)をバックに巨大ステージが組まれ、シリーズ全作の主題歌を担当した人気米ロックバンドのリンキン・パークがライブを敢行。『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の主題歌となった楽曲「イリディセント/Iridescent」など、25,000人の観客を前に2時間に及ぶ激しいパフォーマンスをくりひろげ、モスクワはこの日、『トランスフォーマー』一色に染まった。

マイケル・ベイ監督

スピルバーグやキャメロンに説得されて3Dで撮ることにしましたが、やる以上は『アバター』を越えるレベルにしなければなりません。実写撮影に3Dカメラを使いましたので、非常に困難な撮影の連続でした。

シャイア・ラブーフ

映画の最後の1時間のアクションと3Dは、史上最高にクレイジーで濃いアクション・シーンです。他のどの映画のどんなアクション・シーンよりド派手だ。

ロージー・ハンティントン=ホワイトリー

この映画のVFXは別次元です。とても特別な映像を見ることができます。

映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ストーリー

1969年アポロ11号は月面着陸に成功。この偉業の陰でNASAと米国政府がひた隠しにした事実があった。月の裏側には、宇宙の彼方より飛来した未知の金属生命体の地球侵略の足掛かりとなる宇宙船が不時着していた。
現代、サムの周囲で悪夢は再び始まった。オフィス機器に姿を変えていた金属生命体=侵略者が再び人間に襲いかかる。それは世界が闇に包み込まれる前兆に過ぎなかった。見る間に街は壊滅し、破壊は世界の都市へと広がる。人類に味方していた一部のトランスフォーマーたちの応戦もむなしく、侵略者の圧倒的な破壊力に地球制圧は目前となる。人類は世界を、地球を守ることができるのか。そして残された希望の鍵とは!?

ライブ動画はこちらで視聴可能(deadline.com)

原題=Transformers : Dark Of The Moon
日本公開=2011年7月29日
配給=パラマウントピクチャーズ
公式サイト http://www.transformersmovie.com/intl/jp/
©2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

[amazonjs asin=”B00CNJQ9O2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B00571UJ6W” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Iridescent”]

モバイルバージョンを終了