父と子テーマ『ポケモン ココ』上白石萌歌○○ゲットだぜ披露

父と子テーマ『ポケモン ココ』上白石萌歌○○ゲットだぜ披露

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』の完成披露試写会が12月8日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの松本梨香、上白石萌歌、中村勘九郎、音楽を担当した岡崎体育、矢嶋哲生監督が登壇した。クリスマス公開となった本作にちなみ、登壇者は「今年のクリスマスは○○ゲットだぜ」を披露した。

上白石萌歌、中村勘九郎、岡崎体育の決めポーズ!

矢嶋監督は「全身全霊をかけて作りました。(公開日が)少し延びてしまったことは申し訳なく思っている。ギリギリまで調整して納得できる仕上がりになりました。親子って形じゃない。それをポケモンで表現できたらと思って作りました。親子をつなぐ映画になることを願っています」と挨拶。

「フォーマルな場所ではリーゼントにするのが僕の決まり!ガンガン(写真を)撮ってください!」とお茶目な挨拶をしたのは岡崎。本作では主題歌を含めて全6曲をプロデュースした。トータス松本と歌うメインテーマ「ふしぎなふしぎな生きもの」は「映画は父と子がテーマ。親になったときの気分などを周りの人に尋ねて、友だちの言葉をそのまま歌詞にした部分もある。思いの詰まった楽曲なので、僕のキャリアハイと言ってもいい」とアピール。

ピカチュウに見守られるなか「ゲットだぜ」を披露する矢嶋哲生監督

上白石は「(岡崎による)楽曲が心の支えでした」と言えば、松本が「カラオケにあったら絶対に歌う!(トータス松本と名字が同じなことから)さすが松本家と思ったし、同じ松本として誇らしい」と笑顔で語った。

そして、中村は「毎回聴いてうるうるします。父親目線でも聴けるし、子ども目線でも聴ける。僕は39歳で青春時代がウルフルズさんだったので、トータスさんの声でザルートを演じることができたことは感無量です」としみじみ。お子さんから「すごいね」と言われているとして、満面の笑みをみせた。

この日は、モンスターボールを手に、決めポーズ付きで「今年のクリスマスは○○ゲットだぜ」を披露した。「みんなの笑顔ゲットだぜ!」(松本)、「猫との生活ゲットだぜ!」(上白石)、「声優のお仕事は一度やってみたかったんです。クリスマスに長年の夢ゲットだぜ!それがポケモンで叶って感無量。子供たちからの尊敬もゲットだぜ!」(中村)、「代官山に豪邸ゲットだぜ!」(岡崎)、「大掃除をする休みをゲットだぜ!」(矢嶋監督)

なお、ゲスト声優の二人は、松本から促され劇中台詞を生披露する一幕も。ザルーザ父役の松本が「ルーザルーザ・ザル」と発すると、息子ココ役の上白石は「トト・ザザ・ザルーザ」とポケモン語で返す。これに、すかさず岡崎が「ずるいな(笑)」とツッコミ。終始わきあいあいと進行した舞台挨拶となった。

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』は2020年12月25日[金]より全国公開
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2020 ピカチュウプロジェクト

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』あらすじ

人里から遠く離れたジャングルの奥地。厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園、オコヤの森があった。そこで仲間たちと暮らしていた頑固者のザルードは、ある日、川辺で人間の赤ん坊を見つける。「ニンゲン、これが……」見捨てられないザルードは、森の掟に反して、赤ん坊をココと名付け、群れを離れてふたりで暮らすことを決意する。

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』予告編


©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2020 ピカチュウプロジェクト

映画『劇場版ポケットモンスター ココ』公式サイトwww.pokemon-movie.jp
公式SNS Twitter @pokemon_movie
劇場版ポケットモンスター ココ 映画予告編
野沢雅子『ポケモン』芦田愛菜×川栄李奈×中川翔子のアフレコを高評価

モバイルバージョンを終了