『ドント・ブリーズ2』“20年に1本”恐怖作の続編

『ドント・ブリーズ2』“20年に1本”恐怖作の続編

2016年に「20年に1本の恐怖の作品!」と評され、2週連続全米No.1を獲得した映画『ドント・ブリーズ』の続編『ドント・ブリーズ2』(原題 DON’T BREATHE 2)が、いよいよ8月13日に日米同時公開される!

スクリーンに帰ってきました!
映画『ドント・ブリーズ2』より

【余談】ドンブリこと『ドント・ブリーズ』、続編のハッシュタグは#ドンブリ2です!

PG12だった前作よりも遥かに刺激が強く、過激な内容から【R15+】となった本作。その過激描写を含むため、アメリカでは年齢制限付きでインターネット公開が許可されたレッドバンド予告がこの度解禁された。

映画『ドント・ブリーズ2』海外版ポスタービジュアル

映画『ドント・ブリーズ2』(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 配給)は2021年8月13日[金]より全国公開

映画『ドント・ブリーズ2』あらすじ

人気のない郊外の古びた屋敷に住む、ある盲目の老人。彼はその屋敷で一人の少女を大切に育て、二人だけで静かに暮らしていた――その男こそ、8年前、強盗に押し入られた被害者として生きているが、実は強盗団を惨殺した過去をもつ、あの盲目の老人だった。
ある日、謎の武装集団が老人の屋敷に静かに忍び込む。その目的は少女。暗闇の中、すべてを知り尽くした屋敷内で全員の抹殺を試みるも、訓練されていた集団は老人を襲い、火を放つ。命からがら炎の中から逃げ出したが、そこに少女の姿はない。目覚める狂気の怒り。老人は己の手で大切に育てた少女を取り戻すため、武装集団の後を追う。その集団はなぜ少女を狙うのか、少女はいったい何者なのか、老人はなぜ少女に固執するのか。全ての真実を知ったとき、前作を超える衝撃に息が止まる。
監督:ロド・サヤゲス 
脚本:フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス
製作:フェデ・アルバレス、サム・ライミ、ロブ・タパート 
出演:スティーヴン・ラング、ブレンダン・セクストン3世、マデリン・グレース

映画『ドント・ブリーズ2』予告編

ある盲目の老人、映画『ドント・ブリーズ2』より

映画『ドント・ブリーズ2』公式サイト www.donburi-movie.jp
公式SNS Twitter @donburimoviejp #ドンブリ2
夏休み映画2021年8月公開の映画から編集部が選んだ6作品
映画『ドント・ブリーズ』観客も息を殺して鑑賞することに
クワイエット・プレイス(原題 A Quiet Place ) – 映画特報
イット・カムズ・アット・ナイト(原題 It Comes at Night ) – 映画予告編

モバイルバージョンを終了