ブルース・ウィリス、育毛剤「キリング・ショット」をプロデュース

不動のスター、ブルース・ウィリスが、映画『キリング・ショット』の日本公開を記念して育毛剤をプロデュースするとの電撃発表がされました! 映画公開日と同日の4月7日から発売を開始、本日1日から映画の公式サイトにて先行予約を受け付ける。

ブルース・ウィリス、育毛剤「キリング・ショット」をプロデュース
エイプリルフール企画です! © 2011 CATCH44 AP LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ブルース・ウィリス、育毛剤「キリング・ショット」をプロデュース

育毛剤の開発チームは、「映画『ダイ・ハード』シリーズで不死身の刑事を演じていたブルースの「絶対に死なない毛根を手に入れろ!!」という熱い想いに応えるべく、プロジェクトチームは日夜開発にいそしんできました。そしてこの度、ついに毛髪マネジメントの頼れる相棒、育毛剤「キリング・ショット」の発売が決定しました」とコメントを発表。
「キリング・ショット」は使いやすいローションタイプ
包装容量=240ml/ブルース希望小売価格=30,000円(税込)

【こちらの記事はエイプリルフール限定企画です 2012/4/1】

映画『キリング・ショット』について

映画『キリング・ショット』は、ブルースが『パルプ・フィクション』や『シン・シティ』、『ラッキーナンバー7』などに続き、脚本に惚れこんで出演を決めた話題作。舞台は真夜中のラスベガス。マフィアのボス・メル(ブルース・ウィリス)の命令により、ドラッグ・ディーラーのテス(マリン・アッカーマン)は仲間のドーンとカラと共にダイナーに車を走らせていた。目的はメルのシマで取引をする奴らの正体を暴く事。ダイナーに到着すると、真夜中にも関わらず数組の客がいた。約束の時間になっても現れない相手に痺れを切らした3人は情報を得ようと一斉に銃を構えた。ちょろい仕事だと思っていたが、予想外の展開が待ち受けるのだった。

原題=KILLING SHOT
日本公開=2012年4月7日
配給=プレシディオ
© 2011 CATCH44 AP LLC ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト www.killing-shot.jp
キリング・ショット Blu-rayをAmazonで購入する

モバイルバージョンを終了