実写版『美女と野獣』レア・セドゥ×V・カッセル日本公開!

映画『美女と野獣』日本版ポスター
©2014 ESKWAD – PATHÉ PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWÖLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS
[シネママニエラ]『美女と野獣』は民話を基にした、醜い野獣と身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作。映画『サイレントヒル』クリストフ・ガンズ監督が、美女と野獣役に映画『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥと『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセルを起用した実写化作の日本公開が決まり、このほど同作ポスターが解禁となった。

野獣の過去に光を当てる

この物語は小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、その形を変え語り継がれきたが、そのほとんどの作中で、描かれていないことがある。それは、なぜ王子は野獣に身を落としたのか? 彼は一体どれほどの罪を犯し、そこにはどんな秘密が隠されているのか?ということ。1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、本作では野獣の隠され続けてきた過去に光を当てる!

映画『美女と野獣』あらすじ

野獣(カッセル)の城に囚われた美しい娘ベル(セドゥ)は、バラを盗み、命を差し出せと言われた父(アンドレ・デュソリエ)の身代わりだった。彼女は死を覚悟するものの、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。

映画『美女と野獣』は2014年11月1日[土]よりTOHOシネマズスカラ座にて全国公開

2014年フランス、ドイツ合作映画/113分
原題=La Belle et La Beta
日本公開=2014年11月1日
配給=ギャガ
公式サイト http://beauty-beast.gaga.ne.jp/
©2014 ESKWAD – PATHÉ PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWÖLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS

[amazonjs asin=”B00SWASFDE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”美女と野獣 Blu-ray”]

モバイルバージョンを終了