『ヴェルサイユの宮廷庭師』女性庭師役ケイト・ウィンスレットが奇跡をおこす

© BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014. 1682年のフランス。国王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿の増改築を計画。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートルと共に「舞踏の間」の建設を任された女性庭師が奇跡をおこす! 英国を代表する名優アラン・リックマンが映画『ウィンターズ・ゲスト』に続く監督2作目に選んだ題材は、歴史上もっとも華やかで、最高にドラマティックな伝説に包まれているヴェルサイユ宮殿。太陽王ルイ14世からマリー・アントワネットまで、世界中で数々の逸話が語り継がれてきた。そして今、この華麗なる宮殿誕生の裏側で、大胆な発想でフランス史に挑む新たな名作が生まれた。 絶対王政下のヴェルサイユで、女性庭師のサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)が国王のための庭園造りの責任者に抜擢され、様々な困難を乗り越えていくというサクセスストーリーと、庭園建築家のル・ノートル(マティアス・スーナールツ)と苦楽を共にしながら魅かれあっていくという秘められたロマンスを、豪華絢爛にかつ繊細さをもって描く本作のエッセンスを切り取っている。

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』あらすじ

[caption id="attachment_20568" align="alignright" width="300"]映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』(アラン・リックマン監督) © BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014.[/caption]田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌの元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートルとの面接を受けるが、伝統と秩序を重んじる彼と対立してしまう。しかし、自由な精神で向き合う彼女の言葉が忘れられず、宮殿における中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにするル・ノートル。大きな可能性を秘める彼女に、少しずつ心魅かれていく。 [gallery columns="4" ids="20567,20568"] [スタッフ] 監督・共同脚本=アラン・リックマン [キャスト] ケイト・ウィンスレット、マティアス・スーナールツ、アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチ イギリス映画/117分 A Little Chaos (2014)IMDb 英国公開=2015年4月17日 日本公開=2015年10月10日 字幕翻訳=松浦美奈 配給=KADOKAWA 公式サイト http://versailles-niwashi.jp/

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』日本版ポスター

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』日本版ポスター © BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014. [amazonjs asin="B008YRDQWU" locale="JP" tmpl="Small" title="ウィンター・ゲスト【字幕版】 VHS"]