ゆるめるモ!初の主演映画『女の子よ死体と踊れ』世界観が明らかに

©2015 YOU'LL MELT MORE!Film Partners

[caption id="attachment_20815" align="alignright" width="300"]映画『女の子よ死体と踊れ』(朝倉加葉子監督) ©2015 YOU'LL MELT MORE!Film Partners[/caption]女性6人組アイドルユニット“ゆるめるモ!”の初主演映画『女の子よ死体と踊れ』の予告編が完成し、その世界観が明らかになった。併せて、タイトルの含まれる「死体」という言葉のインパクトとは裏腹に、どこかPOPで気の抜けた“ゆるめるモ!”らしさのある映画のメインビジュアルも公開された。キャッチコピーには「ちゃんと自分で死にたい―。」というセンセーショナルな言葉が。 監督は2013年に公開されたホラー映画「クソすばらしいこの世界」が映画ファンの話題をさらった注目の若手女流監督、朝倉加葉子。森の中の静けさや、蝋燭が灯る夜の怪しく不気味な雰囲気。そこから一転して楽しそうなメンバー達の様子。さらには何やらセーラー服は着ていないものの機関銃を構えるメンバーたちと盛りだくさんの内容になっている。

映画『女の子よ死体と踊れ』あらすじ

清掃会社YMMクリーニングでバイトをする5人の女の子、もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、ちーぼう。鬼の様なブラック女社長に恫喝されながら過ごす日々…。そんなある日、森の中の清掃現場で透き通るように美しい少女の死体を発見する。ノルウェーのブラックメタルバンドの儀式を使って死体を蘇らせることに成功したが、その死体・あのには知ってはならないヤバすぎる秘密が隠されていた。 [スタッフ] 監督・脚本=朝倉加葉子 撮影=岩永洋 録音=根本飛鳥 美術=中谷暢宏 音楽=ゲイリー芦屋 企画・制作=TRASH-UP!! [キャスト] ゆるめるモ!(もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう) 松田優、原扶貴子、尾本卓也、国分崇、川連廣明、信國輝彦、古内啓子 日本映画/70分 日本公開=2015年10月31日 配給=日本出版販売 公式サイト http://ymm-film.com/

映画『女の子よ死体と踊れ』日本版ポスター

映画『女の子よ死体と踊れ』 ©2015 YOU'LL MELT MORE!Film Partners