映画『サイドライン』で7人組ユニットの超特急が男子チアに挑戦!

© 2015『サイドライン』製作委員会

映画『サイドライン』7人の若者が一人の少女のために起こす奇跡
©2015『サイドライン』製作委員会
人気急上昇中のメインダンサー&ボーカルグループの超特急(コーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ)の7人のメンバーが、かつては幼馴染で、今はバラバラの人生を歩む7人の青年たちに扮し、年に一度の祭で再び団結して一人の幼い少女のためにチアリーディングで奇跡を起こす青春感動ストーリー。

映画『サイドライン』あらすじ

就活もうまくいかず毎日ゴロゴロ過ごしている神社の息子の大悟(ユースケ)、従兄弟の賢将(コーイチ)、保育士の日向(リョウガ)、アメリカ留学から戻ってきた宇宙(カイ)、八百屋の息子・貴章(ユーキ)、花屋の息子・信矢(タクヤ)、モールのオーナーの息子・博巳(タカシ)の7人は幼馴染で、町内会の青年団。子供の頃はいつも一緒に遊んでいた彼らだが、今は大人になってそれぞれバラバラの道を歩んでいた。だが、とあるきっかけで8才の少女・ハナと出会い、バラバラだった7人の距離は再び近づく。一方、年に一度の「兎祭」の開催場所をめぐって、町内会会長で貴章の母親(真琴つばさ)とモールのオーナー・猛(舘形比呂一)が揉め、その場を収める案として「兎祭」の“祭りはじめ”のイベントを7人の青年団に任せようと言い出す。 [スタッフ] 脚本・監督=福山桜子 主題歌=超特急「HOPE STEP JUMP」 [キャスト] 超特急(コーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ) 浅見れいな、舘形比呂一、チャド・マレーン、岩崎未来、福田麻由子(友情出演) 山崎銀之丞/真琴つばさ 日本映画/分 日本公開=2015年10月31日 配給=BS-TBS、トリプルアップ 公式サイト http://sideline-movie.com/