日曜日, 12月 08, 2019

北欧映画『ハロルドが笑う その日まで』家具屋の店主がIKEA創業者を誘拐して珍道中

©2014 MER FILM AS All rights reserved

映画『ハロルドが笑う その日まで』(グンナル・ヴィケネ監督)より 4
©2014 MER FILM AS All rights reserved
小さな家具屋の店主が、世界最大の家具販売店IKEA創業者を誘拐!? 新しい時代の流れを受け入れられない初老の家具店主と最先端を走るIKEAの創業者。性格も境遇も正反対のハロルドとカンプラードのやり取りは勿論、二人の偏屈な男たちと孤独な少女との珍道中。IKEAの創業者を誘拐するという仰天の物語ながら、観終わった後に明日への一歩を後押ししてくれるヒューマンドラマとなっている。

落語家の立川談春が日本版予告編のナレーションを担当。

映画『ハロルドが笑う その日まで』あらすじ

小さくも誇り高き家具屋を営む店主ハロルドと、世界最大の家具販売店イケアの創業者カンプラード。ハロルドが時代に取り残され店を失う一方、 カンプラードは革新を求め、時代の最先端を走り続けてきた。このまるで対照的な二人の出会いが、“幸せ”の化学反応を引き起こす。

映画『ハロルドが笑う その日まで』フォトギャラリー

画像をクリックするとフォトギャラリーになります

[スタッフ]
監督・脚本=グンナル・ヴィケネ
[キャスト]
ビョルン・スンクェスト、ビヨルン・グラナート、ファンニ・ケッテル

ノルウェー映画/88分
原題=HER ER HAROLD 英題=HERE IS HAROLD(2014)IMDb
日本公開=2016年4月16日
配給=ミッドシップ
公式サイト http://harold.jp/

映画『ハロルドが笑う その日まで』日本版ポスター

©2014 MER FILM AS All rights reserved