土曜日, 9月 26, 2020

はらはらなのか。(酒井麻衣監督) – 映画予告編

©2017『はらはらなのか。』製作委員会

子役から女優への転換をしきれない、12歳の少女ナノカが、女優だった亡き母の残した演劇集団Z-Lionの舞台とめぐり会い、喫茶店の店主・リナや劇団の奇妙な仲間たちと触れ合いながら、大人の階段を少しずつ歩き始めるファンタジック・ストーリー。新鋭・酒井麻衣監督のもと、13歳の新星・原菜乃華が一人二役に挑戦。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017にて<ワールドプレミア上映が決まっている。主題歌はチャラン・ポ・ランタンの楽曲「憧れになりたくて」


心に残る女優になりたいーーそう願いながらも、なかなか芽が出ない子役・原ナノカ(原菜乃華)。もうすぐ13歳になる彼女は、さみしい時にだけ見えるもう一人の私・透明ナノカがいなければ朝も起きられない。父・直人(川瀬陽太)にも素直になれない、まだ夢見がちで迷えるお年頃。自分が生まれると同時に亡くなった母・マリカ(松本まりか)に憧れて始めた女優業だけど、オーディションに行っても不合格続き。モヤモヤした日々を送っている。  ある晩、父の都合で田舎町に引っ越してきたナノカが見つけたのは、舞台『まっ透明なAsoべんきょ~』の再演とキャスト募集のチラシが入った封筒。それは、13年前に母が出演した舞台だった。絶対に主役をやりたい!と反対する父にも内緒でオーディションを受けることを心に決めたとき、運命のいたずらか、初演で母の娘役を演じたリナ(松井玲奈)の喫茶店を見つける(2017年/日本/カラー/ヨーロピアン・ヴィスタ/5.1ch/100分)
監督・脚本 酒井麻衣 |キャスト 原 菜乃華 吉田凜音 粟島瑞丸 チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン micci the mistake 上野優華 広瀬斗史輝 水橋研二 松本まりか 川瀬陽太 松井玲奈


©2017『はらはらなのか。』製作委員会

映画『はらはらなのか。』(SPOTTED PRODUCTIONS 配給)は2017年4月1日[土]より新宿武蔵野館ほか全国公開
映画『はらはらなのか。』公式サイト

【関連記事】
予告編で観る!今週の映画ランキング
映画公開カレンダー2017年
映画予告編・動画ギャラリー