マイティ・ソー バトルロイヤル(原題 THOR RAGNAROK ) – 映画予告編

©Marvel Studios 2017

アベンジャーズ最強の男ソーが短髪に!ソー(クリス・ヘムズワース)は邪悪な敵・ヘラ(ケイト・ブランシェット)に武器ムジョルニア(ハンマー)を粉砕されてしまうのだった。原題のラグナロクとは「神々の運命」を意味し、北欧神話界における終末の日を示す。日本語タイトルのバトルロイヤルにはこんな意味が!「バトルロイヤルは、複数の人数が戦い最後に残ったものを勝者とする戦い方の名称。本作では、世界を終わりへ導く最強の敵と対峙したソーとソーを取り巻く登場人物たちが、敵味方関係なく、プライドを捨てて共に戦う様が描かれていることから」この邦題に!なったそう。なお本作は、マーベル・シネマテック・ユニバース[フェーズ3]の第5弾にして、『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー(原題)』へつながる重要な役割を果たすと、マーベル・スタジオ製作のケヴィン・ファイギが発言し注目されている。
(原題 THOR RAGNAROK )

[caption id="attachment_32349" align="aligncenter" width="800"]映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題 THOR RAGNAROK )は2017年11月3日[金・祝]より全国公開 ©Marvel Studios 2017[/caption]

アベンジャーズの一員として、地球を守るため戦ってきたソー。彼の前に突如現れたのは、史上最強の敵だった!そいつは、アベンジャーズのメンバーですら持ち上げることができないソーの最強の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、圧倒的なパワーでソーを宇宙の果てに弾き飛ばしてしまう。遠く離れた星で囚われの身となったソーが、脱出するためには、この星で絶対王者として君臨するチャンピオンとの1対1の命がけの戦いに勝たなければならない。だが、ソーの目の前にチャンピオンとして現れたのは……かつて共に闘った仲間のハルクだった!?  果たして史上最強の敵からソーはこの世界を守ることができるのか? 世界の終わりへのカウントダウンが、今はじまる!(2017年/アメリカ映画/カラー/131分予定)
監督 タイカ・ワイティティ  製作 ケヴィン・ファイギ |出演 クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、テッサ・トンプソン、アンソニー・ホプキンス、浅野忠信 ほか | 日本語吹替版キャスト:天海祐希(ヘラ役)、三宅健太(ソー役)、平川大輔(ロキ役)、宮内敦士(ハルク/ブルース・バナー役)、沢城みゆき(ヴァルキリー役)ほか


©Marvel Studios 2017

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(ウォルト・ディズニー・ジャパン 配給)は2017年11月3日[金・祝]より全国公開

2017年05月10日 掲載
2017年08月17日 更新
2017年10月19日 更新[特別映像|メイン写真]



映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』公式サイト
ヒーローギャグ?! ハルクの問いに対するソーの返事は?「ソーソー(thor-thor )」
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』俺様が宿敵ロキと相棒化?