猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(原題 War for the Planet of the Apes ) – 映画予告編

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ。2011年『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、2014年『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に続く、待望の最新作は猿と人類の“人間性”をかけた聖戦(グレート・ウォー)が焦点となる。
(原題 War for the Planet of the Apes )

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(原題 War for the Planet of the Apes ) - 映画予告編
シーザーとノバ ©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

アンディ・サーキス(シーザー役)

「本作でシーザーは前2作よりもずっと深くて痛ましい感情的な極まりを見せる。彼がどこまでも自分を追い込む姿を見て驚いた」と懐述。

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』あらすじ

猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。シーザー率いる猿の群れは森の奥深くに秘密の砦を築き、 滝の裏側に身を潜めていた。 そんなある夜、 奇襲を受けたシーザーは妻と年長の息子の命を奪われ、 悲しみのどん底に突き落とされる。 軍隊を統率する敵の冷酷非情なリーダー、 大佐への憎悪に駆られたシーザーは、 大勢の仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、 自らは復讐の旅に出る。 大佐を追うその旅には、 穏やかなオランウータンのモーリス、 シーザーの片腕的な存在のロケットらが同行することになった。旅の途中、 一行は口のきけない人間の少女ノバと奇妙なチンパンジー、 バッド・エイプと出会う。 (2017年/アメリカ、カナダ、ニュージーランド映画/142分)
監督 マット・リーヴス |出演 アンディ・サーキス、アミア・ミラー、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(20世紀フォックス映画 配給)は2017年10月13日[金]より全国公開



映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』公式サイト
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:新世紀(ライジング)
予告編で観る!今週の映画ランキング[10月14日~10月15日]