暁に祈れ(原題 A Prayer Before Dawn ) – 映画予告編(15歳未満は見ちゃダメ)

©2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS

カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で上映され大きな話題となり、ロッテントマトでも96%の高評価をたたき出した戦慄の実話アクション。イギリス人ボクサーのビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化!汚職や殺人が蔓延する実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がる真実の物語(原題 A Prayer Before Dawn )
本作は汚職や殺人が蔓延する実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。監督は、リベリアを舞台に暗躍する反政府軍の少年兵たちの姿をバイオレントに描いた『ジョニー・マッド・ドッグ』で、世界的に評価されたジャン=ステファーヌ・ソヴェール。極限状態の中、孤立奮戦する主人公ビリーを演じたのは、ジェレミー・ソルニエ監督のアクションスリラー『グリーンルーム』で注目され、BBCの人気ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」や映画祭を席巻したラブストーリー『きみへの距離、1万キロ』で主演を務めるなど演技とアクション、両方の才能を兼ね備え、ポスト“トム・ハーディ”の呼び声高い新星ジョー・コール。彼はボクサー役を務めるため何か月も肉体改造に励み、鋼の肉体を手に入れ、過酷な30日間の撮影に挑んだ。

暁に祈れ(原題 A Prayer Before Dawn )
©2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS


映画『暁に祈れ』あらすじ

ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。(2017年/イギリス・フランス映画/英語、タイ語/シネスコ/117分 字幕翻訳 ブレインウッズ )
監督・脚本 ジャン=ステファーヌ・ソヴェール 原作 ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand's Prisons」|出演 ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ポンチャノック・マブラン、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』

 

映画『暁に祈れ』(トランスフォーマー 配給)は2018年12月8日[土]より全国順次公開

映画『暁に祈れ』公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/APBD/
「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand's Prisons」をAmazonで購入する