火曜日, 5月 18, 2021

わたしはダフネ(原題 DAFNE ) – 映画予告編

© 2019, Vivo film - tutti i diritti riservati

第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門 国際批評家連盟賞受賞。新鋭フェデリコ・ボンディ監督が、最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけがえのない旅へと歩みだす姿を描くイタリア映画。(原題 DAFNE )
主演をつとめるのは、自身もダウン症であり普段はスーパーマーケットで働きながらも自伝本を2冊上梓するなど活発的に創作活動をしていた、カロリーナ・ラスパンティ。監督自らFacebook上で見出し、演技未経験ながらも主役に抜擢された。ボンディ監督はカロリーナの存在そのものが脚本や撮影に大きな影響を与えたと語り、実際にベルリン国際映画祭での上映後にカロリーナ本人が舞台上に登壇した際には、彼女のチャーミングさとシニカルさを併せ持った自然体の演技に割れんばかりの満場の拍手が送られた。共演には、『サスペリア』(77)で主人公の友人サラ役を演じ、昨今は脚本家・監督としても活躍するステファニア・カッシーニが母親役として名を連ねている。

映画『わたしはダフネ』ちらしビジュアル
映画『わたしはダフネ』ビジュアル
© 2019, Vivo film - tutti i diritti riservati


映画『わたしはダフネ』あらすじ

ダフネは快活で明るいダウン症の女性。スーパーで働きながら、母マリア、父ルイジと平穏に暮らしていた。しかしマリアに突然の死が訪れ生活が一変。年老いたルイジは自分が死んだら娘が独り残されてしまう、と不安に苛まれてふさぎ込んでしまう。ある日、ダフネは、母の生まれた村を訪れてみようと父に提案。その旅は、愛する人の死を乗り越え、お互いを理解し合うための、かけがえのないものになっていく。(2019年/イタリア/イタリア語/カラー/シネマスコープ/94分 字幕翻訳 関口英子)
監督・脚本:フェデリコ・ボンディ 原案:フェデリコ・ボンディ、シモーナ・バルダンジ エグゼクティブ・プロデューサー:アレッシオ・ラザレスキー プロデューサー:マルタ・ドンゼリ、グレゴリオ・パオネッサ 撮影:ピエロ・バッソ 編集:ステファノ・クラヴェロ 音楽:サヴェリオ・ランツァ 衣装:マッシモ・カンティーニ・パリーニ |出演 カロリーナ・ラスパンティ、アントニオ・ピオヴァネッリ、ステファニア・カッシーニ、アンジェラ・マグニ、ガブリエレ・スピネッリ、フランチェスカ・ラビ

映画『わたしはダフネ』(ザジフィルムズ 配給)は2020年6月6日[土]より岩波ホールほか全国順次公開



映画『わたしはダフネ』公式サイト www.zaziefilms.com/dafn
竹内結子の実家は「味噌汁が定番」