日曜日, 9月 27, 2020

ハニーボーイ(原題 HONEY BOY ) – 映画予告編

ハニーボーイ(原題 HONEY BOY ) - 映画予告編

© 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

人気子役として活躍する12才のオーティオス、彼はマネージャーを務める愛情表現が不器用な父・ジェームズに振り回され、ぶつかり合う日々の中で、そんなオーティスを心配する保護観察官のトム、モーテルに住む隣人の少女、撮影現場の大人たちとの出会いを経て、成長していく。父親ジェームズをシャイア・ラブーフが演じており、彼は本作で長編映画の脚本家デビューを果たした。映画批評サイトRotten tomatoesで94%をマーク(原題 HONEY BOY )
12才のオーティスを演じるのは、『ワンダー 君は太陽』、『クワイエット・プレイス』シリーズ、『フォードvsフェラーリ』と異なるジャンルの傑作でひときわその存在感を放ち、美しいルックで世の映画ファンを魅了する 次世代のスター、ノア・ジュプ。トラブルを抱える家族や周りの大人たちとの間でままならない日々をどうにか懸命に取り繕い、背伸びして頑張る姿は、愛らしく切なく健気で観る者の胸を締め付ける。10年後のオーティスを演じるのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズ。

映画『ハニーボーイ』
オーティオス
© 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.


映画『ハニーボーイ』あらすじ

ハリウッドで人気子役として活躍する12歳のオーティスは、いつも突然感情を爆発させる前科者で無職の“ステージパパ”ジェームズに振り回される日々を送っていた。そんなオーティスを心配してくれる保護観察員、安らぎを与えてくれる隣人の少女、共演する俳優たちとの交流の中で成長していくオーティスは、新たな世界へと踏み出すのだが──。(2019年/アメリカ映画/シネスコ/5.1chデジタル/95分 字幕翻訳 栗原とみ子)
監督 アルマ・ハレル  脚本 シャイア・ラブーフ |出演 ノア・ジュプ、ルーカス・ヘッジズ、シャイア・ラブーフ

映画『ハニーボーイ』(ギャガ 配給)は2020年8月7日[金]よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開



映画『ハニーボーイ』公式サイトgaga.ne.jp/honeyboy/
衝撃のラスト7分46秒! 映画『マンダウン』愛する者を守るシャイア・ラブーフ