バッドボーイズ RIDE OR DIE(原題 BAD BOYS: RIDE OR DIE )

©

全世界でシリーズ累計8億ドルを突破した大ヒット『バッドボーイズ』シリーズ第4弾。
1995年、製作ジェリー・ブラッカイマー&監督マイケル・ベイのハリウッド映画史上最高のヒットメーカー・チームが放った『バッドボーイズ』。マイアミを舞台に、ウィル・スミス&マーティン・ローレンスという2人が挑んだ作品は、カーアクションと銃撃戦をたっぷりと盛り込み、身体をフルに使った体当たりの映像でバディ・アクション映画の真髄を伝え、ジェリー・ブラッカイマー&マイケル・ベイのコンビの金字塔を打ち立てた。同時に、当時27歳だったウィル・スミスを一躍ハリウッドのスターダムに押し上げた。さらに、2003年『バッドボーイズ 2バッド』で再びブラッカイマーとベイの製作チームで、この黄金コンビが復活した。 そして2020年に公開された第3弾の『バッドボーイズ フォーライフ』はアディル・エル・アルビ、ビラル・ファラーという若手監督コンビにバトンが渡され、それまでのシリーズ累計4億ドルの記録を1作品でたたき出すという大ヒット作になった。 (原題 BAD BOYS: RIDE OR DIE )

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』
映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』( ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給)は2024年6月21日[金]より全国公開


映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』あらすじ

マイアミ市警のバッドボーイズことマイク(ウィル・スミス)とマーカス(マーティン・ローレンス)。高級車をハイスピードでぶっ飛ばずマイクの横で、いつものようにマーカスが毒づく。 2人の<息の合わない!?>掛け合いは相変わらず――。そんな時、亡き上司のハワード警部に麻薬カルテルと関係があったという汚職疑惑がかけられる。無実の罪を着せられた上司のために、独自に捜査を始めた2人は、警察からも敵組織からも追われる身となる。四面楚歌の中、汚名返上のための命がけの戦いが始まる!(2024年/アメリカ映画/115分 字幕翻訳:菊地浩司)
監督:アディル&ビラル(『バッドボーイズ フォーライフ』、ドラマシリーズ「ミズ・マーベル」)
製作:ジェリー・ブラッカイマー(『トップガン』『バッドボーイズ』シリーズ)、ウィル・スミス
出演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』( ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給)は2024年6月21日[金]より全国公開

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』公式サイトhttps://www.badboys-movie.jp/
「バッドボーイズ」関連送品をAmazonで購入する
バッドボーイズ フォー・ライフ(原題 Bad Boys for Life )- 映画予告編