周防正行監督『カツベン!』で衝撃を与えたい

周防正行監督『カツベン!』で衝撃を与えたい

周防正行監督が全国47都道府県を訪れ、最新作となる映画『カツベン!』の魅力や、込められたメッセージをしゃべりまくる「周防正行の日本全国しゃべくり道中」キャンペーンが6月12日より北海道からスタート。周防監督は「圧倒的な衝撃を与えていきたい」と話す

続きを読む
周防正行監督

周防正行監督、4年ぶり新作テーマは活劇・アクション!

周防正行監督のオリジナル最新作が映画会社の東映にて製作・配給することが決まった。周防監督は「「活動写真」と呼ばれていた映画に魅了された人びとの青春を、痛快な「活劇」として描き、 技術革新が続いても本質的には変わらない映画の面白さ、楽しさ、魅力が 湧き上がるものにしたい」と話す。
©︎撮影・下村一喜

続きを読む
映画『舞妓はレディ』完成披露試写会

周防監督『舞妓はレディ』の現場で「可愛い」発言に罰金令

周防正行監督の最新作『舞妓はレディ』完成披露試写会行われ、主演の上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、周防監督が着物姿で登壇。現場では上白石に監督をはじめスタッフがメロメロ。「可愛い」の連呼を禁じ罰金令が出たとの逸話が明かされた

続きを読む