映画『ブラック・スキャンダル』ギャング×FBI×政治家=闇の実態に迫る

©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

凶悪犯ジェイムズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じるジョニー・デップ
©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルが今、暴かれる! 犯罪王バルジャー。ボストンの裏社会を支配する反面、恋人や息子を愛する優しい側面も持つ彼はFBIの最重要指名手配犯となり16年間の逃亡の末に逮捕された。

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たちに扮するのはジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する。ダコタ・ジョンソンがジミーの恋人リンジー役を、FBI主任捜査官役にケビン・ベーコンという豪華俳優陣が共演。ディック・レイア&ジェラード・オニールの著書「密告者のゲーム―FBIとマフィア、禁断の密約」(改題「ブラック・スキャンダル」)を基にした、これは紛れもない実話!

映画『ブラック・スキャンダル』あらすじ

マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリー(ジョエル・エドガートン)は、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャー(ジョニー・デップ)に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャ―。出世欲の強いコノリーと、名声を望む政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく。3人の利害が一致したのだ。欲望と権力にまみれ、狂気を加速させる悪党たちは、どこまで腐りきっていくのか?

[スタッフ]
監督・製作=スコット・クーパー
脚本=マーク・マルーク、ジェズ・バターワース
原作=ディック・レイア&ジェラード・オニール「ブラック・スキャンダル」(角川文庫刊 12月25日発売予定)
[キャスト]
ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ダコタ・ジョンソン、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス、ケビン・ベーコン、ジュリアン・ニコルソン

映画『ブラック・スキャンダル』フォトギャラリー

画像をクリックするとフォトギャラリーになります

R+15
アメリカ、イギリス映画/123分
原題=Black Mass(2015)IMDb
日本公開=2016年1月30日
字幕翻訳=松浦美奈
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://www.black-scandal.jp

映画『ブラック・スキャンダル』日本版ポスター

映画『ブラック・スキャンダル』日本版ポスター

©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC