火曜日, 11月 24, 2020

今度は6冊!映画『デスノート Light up the NEW world』

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

人気漫画「DEATH NOTE」を原作とした、実写映画版『DEATH NOTE -デスノート-』『DEATH NOTE the Last name』に次ぐ第3作目。その間にはスピンオフ作品『L change the WorLd』もあった。

今作は映画オリジナルの物語として、前2映画の10年後の世界を描く。ネットワークを通し世界の行く末を眺めている若者・紫苑優輝(しえん ゆうき)の行動開始やキラを敬う信奉者の模倣を疑う事件など攻防戦や、6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制するとして「デスノートの所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」といったデスノートの争奪戦へと発展していく。果たしてキラを名乗る者とは誰か。

弥海砂(あまねみさ)役の戸田恵梨香が続投し、10年後のミサを演じているほか、変わったかたちでキラ/夜神月役にの藤原竜也とL役の松山ケンイチが登場することも注目された。

映画『デスノート Light up the NEW world』(佐藤信介監督)
東出昌大と池松壮亮 ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画『デスノート Light up the NEW world』あらすじ

新たな6冊が、拡散する。 二人の天才・夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。2016年、或る死神が再び地上にデスノートをもたらし、前触れ無く人々が死んでいく恐怖の時代が再び訪れる。夜神総一郎(鹿賀丈史)が立ち上げた「キラ対策本部」は「デスノート対策本部」と名を変えて存続。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島創(東出昌大)ら新たなメンバーが警視庁内に本部を構えデスノートを発見確保するために奔走していた。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎(池松壮亮)が加わり事件解明に当たる。
(日本映画/135分)

[スタッフ]
監督 佐藤信介
[キャスト]
東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、藤井美菜、青山草太、戸田恵梨香、船越英一郎ほか

映画『デスノート Light up the NEW world』(ワーナー・ブラザース映画 配給)は2016年10月29日[土]より全国公開
公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

こちらの記事の短縮URL https://goo.gl/ufsdgA

映画『デスノート Light up the NEW world』日本版ポスター

映画『デスノート Light up the NEW world』日本版ポスター ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

【関連記事】
ジェイソン・ステイサム主演『メカニック』続編『ワールドミッション』は暗殺者に強敵現る!
<佐々木蔵之介>映画『超高速!参勤交代』続編で倍走る!
小栗旬と対峙するカエル男役は妻夫木聡!映画『ミュージアム』プレミア開催
予告編で観る!今週の映画ランキング
映画公開カレンダー2016年11月