木曜日, 11月 21, 2019

藤原竜也vs.伊藤英明 映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(入江悠監督)

© 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

個性的なキャラクターを怪演し常に大きな話題となる超演技派俳優・藤原竜也。“熱い漢”から“猟奇的な殺人犯”まで幅広い役をこなす本格派俳優・伊藤英明。日本で最も注目を集める2人の初共演作となるサスペンスエンターテインメント作品。監督は、『SRサイタマノラッパー』シリーズで一躍注目を集め、その後も『ジョーカー・ゲーム』などの話題作を手掛けてきた日本映画界期待の新鋭、入江悠監督。

1995年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた後、〝殺人手記〟出版記者会見を行うという衝撃の事態を描く。自らの殺人を赤裸々に綴った『私が殺人犯です』を出版し、あらゆるメディア、SNSによりその容姿とともに拡散され、一躍時の人となっていく美しき殺人犯・曾根崎雅人と演じるのは藤原竜也。さらに、22年間事件を追い続けてきた刑事・牧村航(まきむらこう)を演じるのは伊藤英明という世代を代表する2人がW主演。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(入江悠監督・共同脚本)
藤原vs.伊藤 ©2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』あらすじ

ある日、一冊の本「私が殺人犯です」が日本中を震撼させる。それは、22年前の連続殺人事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記であり、その出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。混沌とした時代に起きた5件の殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる―そのルールで行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えていたのだ。(日本映画/117分)
監督 入江悠 脚本 平田研也、入江悠 | 出演 藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』特報


©2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(ワーナー・ブラザース映画)は2017年6月10日より全国公開
公式サイト http://www.22-kokuhaku.jp/
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

こちらの記事の短縮URL https://goo.gl/7OIkDE

2016年10月28日 掲載
2017年03月08日 更新[予告編動画]

【関連記事】
仲村トオル 映画『22年目の告白』で海猿・伊藤英明とのリベンジ宣言
<藤原竜也×伊藤英明>殺人犯vs刑事のW主演映画『22年目の告白』クランクイン
予告編で観る!今週の映画ランキング
映画公開カレンダー2016年11月