ブレードランナー 2049(原題 Blade Runner 2049) – 映画予告編



ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、SF映画史上最高の傑作として公開後30年以上ものあいだ語り継がれるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』の続編を手掛ける。オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界が『ブレードランナー 2049』の舞台。前作では、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードをハリソン・フォードが演じていたが、今回新たにライアン・ゴズリングが演じる男が新人ブレードランナー“K”という事も判明。タイトルの読みは「ブレードランナー ニー・ゼロ・ヨン・キュウ」
(原題 Blade Runner 2049)

[caption id="attachment_32232" align="aligncenter" width="800"]ブレードランナー 2049(原題 Blade Runner 2049) アナ・デ・アルマスとライアン・ゴズリング[/caption]

映画『ブレードランナー 2049』あらすじ

2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。デッカード(ハリソン・フォード)が姿を消した後の世界では、人間と見分けのつかない人造人間“レプリカント”は労働力として生産され、人間社会と危うい共存関係にあった。ロサンゼルス市警のブレードランナー“K”(ライアン・ゴズリング)は、人類への反乱を目論み、社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントの“処分”任務にあたっていた。そんな最中、Kはレプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の<巨大な陰謀>を知る。そして、人類存亡に関わるその陰謀を暴く鍵となる一人の男の存在にたどり着く。その男こそ、30年前、恋人である女性レプリカントと共に姿を消したかつてのブレードランナー“デッカード”(ハリソン・フォード)だった。 彼が命をかけて守り続けた<秘密>とはいったい何なのか? 30年のときを経て、封印された<衝撃の真実>が明らかになる。(2017年/アメリカ映画/163分)
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ |出演 ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ



映画『ブレードランナー 2049』(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)ポスタービジュアル

映画『ブレードランナー 2049』(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 配給)は2017年10月27日[金]より全国公開

2017年01月09日 掲載
2017年09月09日 更新[公式サイト、あらすじ、ポスタービジュアル]

2017年09月15日 更新[公開初日、日本版予告編]



映画『ブレードランナー 2049』公式サイト
ハリソン・フォード来日「キャラクターの再演は俳優として演じる意味がある」
アナ・デ・アルマス「ジョイ役を自分が演じられるのか」不安を吐露
シルヴィア・フークス初来日!「東京はブレードランナーの世界に足を踏み入れたかのよう」
映画『ブレードランナー 2049』(原題 Blade Runner 2049)フォトギャラリー
短編アニメ「ブレードランナー ブラックアウト2022」
ブレードランナー ファイナル・カット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray]をAmazonで購入する