日曜日, 9月 27, 2020

セールスマン(原題 FORUSHANDE ) – 映画予告編

©MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

アカデミー賞外国語映画賞受賞作品!ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した『彼女が消えた浜辺』、アカデミー賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭で史上初の主要3部門(金熊賞、銀熊賞(男優賞・女優賞))を受賞した『別離』、続く『ある過去の行方』ではカンヌ国際映画祭にて、ベレニス・ベジョに主演女優賞をもたらした輝かしい経歴を持つイランの名匠監督の最新作。アスガー・ファルハディ監督×主演女優タラネ・アリドゥスティのサスペンス映画。教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し俳優としても活動している。ある日、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。 
(原題 FORUSHANDE )

セールスマン(原題 FORUSHANDE )
©MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

アスガー・ファルハディ監督
「ひとつの映画で、7000万人のそれぞれの信仰や生活がある多様な社会全体を描くことは、誰もできないことだと認識しています。しかし、ひとつの映画で、ひとつの社会の風景を描くことはできます。それが、たとえ、私の視点であったとしてもです。しかし、映画監督として、自分の才能を限定しない限りは、イランに開かれた窓を提供する機会を与えられていると思っています」

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に。(2016年/イラン・フランス映画/ペルシャ語/ビスタ/124分/字幕翻訳 齋藤敦子 )
監督・脚本:アスガー・ファルハディ |出演 シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ 

映画『セールスマン』(スターサンズ/ドマ 配給)は2017年6月10日[土]よりBunkamura ル・シネマほか全国順次公開
映画『セールスマン』公式サイトhttp://www.thesalesman.jp/

【関連記事】
アスガー・ファルハディ「映画『セールスマン』は家族関係の複雑さを描いた作品」
アスガー・ファルハディ監督『ある過去の行方』
予告編で観る!今週の映画ランキング
映画公開カレンダー2017年
映画予告編・動画ギャラリー