新世紀、パリ・オペラ座(英題 The Paris Opera ) – 映画予告編

© 2017 LFP-Les Films Pelléas - Bande à part Films - France 2 Cinéma - Opéra national de Paris - Orange Studio - RTS

オペラ座公認のドキュメンタリー!世界最高峰のオペラ、バレエ団を誇るパリ・オペラ座の最新の舞台裏に迫る。芸術監督がミルピエから、エトワールのオレリー・デュポンに移る波乱の幕開け、新作オペラ「モーゼとアロン」1年間のリハーサルや、公演初日直前の主要キャストの降板劇、職員ストライキなど数々の難題が待ち受ける。
(英題 The Paris Opera )

[caption id="attachment_32008" align="aligncenter" width="212"]新世紀、パリ・オペラ座(英題 The Paris Opera ) © 2017 LFP-Les Films Pelléas - Bande à part Films - France 2 Cinéma - Opéra national de Paris - Orange Studio - RTS[/caption]

350年以上もの歴史の中で伝統と格式を重んじながらも、常に新しいパフォーマンスを模索し続ける総合芸術の殿堂パリ・オペラ座の華々しい世界の裏側。バレエ団芸術監督がミルピエから、エトワールとして長年活躍したオレリー・デュポンに移るオペラ座新時代の波乱の幕開けから始まり、オペラ座史上最大規模の新作オペラ「モーゼとアロン」の1年間にわたるリハーサルや、公演初日直前の主要キャストの突然の降板劇、それに加え職員のストライキ。至高の芸術を完成させるために次々に待ち受ける難題に、オペラ座を索引してきた総裁ステファン・リスナーは苦悩し奔走する。そんな中、ロシアの田舎町から出てきた純朴な青年がパリ・オペラ座のオーディションに現れ、新たなるスターとなるべく光のあたる舞台へと突き進んでいく彼の姿は、パリ・オペラ座、新世紀の幕開けを予感させる。(2017年/フランス映画/カラー/110分 字幕翻訳 古田由紀子 字幕監修 堀内修)
監督 ジャン=ステファヌ・ブロン |出演 ステファン・リスナー(オペラ座総裁)、バンジャマン・ミルピエ(芸術監督)、オレリー・デュポン(芸術監督)、フィリップ・ジョルダン(音楽監督)、ロメオ・カステルッチ(オペラ演出)、ブリン・ターフェル(バリトン)、ヨナス・カウフマン(テノール)、オルガ・ペレチャッコ(ソプラノ)、ミヒャエル・クプファー=ラデツキー(バリトン)、ジェラルド・フィンリー(バリトン)、ミハイル・ティモシェンコ(期待の新星)

映画『新世紀、パリ・オペラ座』(ギャガ配給)は2017年12月9日[土]よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開
映画『新世紀、パリ・オペラ座』公式サイト



実録映画『ミルピエ』“バレエの殿堂”パリ・オペラ座芸術監督バンジャマン・ミルピエを追う
ファン垂涎!『オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン』
バレエ界の女神ウリヤーナ・ロパートキナの実録映画公開へ
バレエ映画の金字塔『赤い靴』を巨匠スコセッシが監修