ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(二宮和也主演×滝田洋二郎監督) – 映画予告編

映画作品情報

via 東宝MOVIEチャンネル ©2017 映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会
©2014 田中経一/幻冬舎

現代と戦前。二つの時代に現れた、二人の天才料理人。ラストレシピ。それは失われた70年をつなぐ、壮大な愛のメッセージ。
(英題 Last Recipe: Memory of Giraffe's Tongue )

ラストレシピ  麒麟の舌の記憶(二宮和也主演×滝田洋二郎監督)
©2017 映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会
©2014 田中経一/幻冬舎


映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』あらすじ

【現代】依頼人の「人生最後に食べたい料理」を再現して高額の報酬を得る通称=最期の料理人・佐々木充は、すべての味を記憶し再現することのできる、絶対味覚・麒麟の舌(きりんのした)の持ち主である。幼少時に両親を亡くした充は、同じ境遇の柳沢健とともに施設で育ち、自らの才能を頼りに起業。しかし経営に失敗して多額の借金を抱え込み、いまや料理への情熱も失いつつあった。そんなとき、巨額の依頼が舞い込んできた。依頼人は中国料理界の重鎮・楊 晴明。楊の依頼とは、かつて満洲国で日本人料理人・山形直太朗が考案したという、伝説のフルコース[大日本帝国食菜全席]のレシピの再現であった。太平洋戦争開戦直前の満洲国で、山形の身に何が起きたのか…?なぜ料理は発表されないまま歴史の闇に消えてしまったのか?70年の時を超えて、充は、真実へと辿りつくことができるのだろうか。
【戦前】天皇の料理番・山形直太朗は国命を受けて、究極の日本料理フルコース[大日本帝国食菜全席]のメニュー開発のため、妻・千鶴とともに満洲国に移住する。現地での助手は満洲人の楊晴明と、日本人青年の鎌田正太郎。たった4人で満漢全席を超える料理を考案できるのだろうか…。しかし、山形には特殊ともいえる才能があった。一度食べた味を記憶し再現できる、絶対味覚“麒麟の舌”。やがて山形は、メニュー開発に没頭していく。愛する家族のことも顧みず…。そんなとき、ハルビン関東軍司令部の陸軍大佐・三宅太蔵から、満洲国への天皇行幸が決定したという知らせを受ける。その晩餐会で、大日本帝国食菜全席をお披露目するのだ。しかしその裏には、戦争へと傾倒する日本軍部が画策した、巨大な陰謀が渦巻いていた。それに気付いた山形は、レシピにあるメッセージを遺そうとするのだが。(2017年/日本映画/カラー/126分)
監督 滝田洋二郎 企画 秋元康 原作 田中経一(幻冬舎文庫) 脚本 林民夫 |キャスト 二宮和也 西島秀俊 綾野 剛 宮﨑あおい 西畑大吾 兼松若人 竹嶋康成 広澤 草 グレッグ・デール ボブ・ワーリー 大地康雄 竹野内豊/伊川東吾 笈田ヨシ

映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(東宝 配給)は2017年11月3日[祝・金]より全国公開



映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』公式サイト
二宮和也「キネマ旬報」主演男優賞に嵐メンバーも祝福の声
吉永小百合×二宮和也の初共演作『母と暮せば』が絵本化
田中経一著「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」 (幻冬舎文庫)をAmazonで購入する