二宮和也「キネマ旬報」主演男優賞に嵐メンバーも祝福の声



主演男優賞「二宮和也」トロフィー
主演男優賞「二宮和也」トロフィー
[シネママニエラ]嵐の二宮和也が2月13日、「第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に出席し、日本を代表する女優の吉永小百合と母子役で共演した映画『母と暮せば』の演技で主演男優賞に輝いたことについて、嵐のメンバーから「おめでとう!」という祝福を受けていたことを明かした。

二宮和也「本物だッ」、深津絵里「ニノだ」

賞状とトロフィーを授与されたのちに、二宮はスピーチ。「自分がこの作品に出るという役割は日頃、僕を応援してくださる若い方々に「戦争」というものを改めて学んでいただくきっかけとなったら、と思いました。これからも、この賞に恥じることないよう、さらに精進していけたらと思います」とコメント。

そして、嵐メンバーには「今朝、会いまして『今から授賞式に行ってくるよ』と報告したところ、みんなから『おめでとう!行ってらっしゃい』と。みんな、けっこうクールで。わたしが一番喜んでいました」と爽やかな笑顔で話した。

本賞は1924年度よりベストテンを選定したことを発端とする歴史ある映画賞。その映画雑誌「キネマ旬報」は創刊95周年を迎える。清水勝之社長は「昨今の出版業界は厳しい」と現況に触れて、二宮と女優の深津絵里が表紙をつとめる同誌ベスト・テン号に言及。「そんな中で大変よく売れています。お買い上げいただいた皆さまと二宮さま、ありがとうございました」と深々と頭をさげる。さらにまだお買い求めになっておられない方はお布施だと思って、本会場ロビーにて販売しておりますなどのユーモアを交えて、客席及び二宮ファンらに呼びかけた。

なお、表紙の撮影は二宮と深津が揃って臨んだことから秘話も。これまで共演はないというふたり。二宮は深津と対面し「本物だッ!」、深津は二宮と対面し「あ、ニノだ!」と思ったと、双方の微笑ましい感想が明かされると、会場からは笑いが。写真撮影自体は、あまり時間がかからずに「あっという間に終わった」という。深津は『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』により本賞の主演女優賞を受賞した。

第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式レポートは追って掲載します。

【関連】
映画『恋人たち』橋口亮輔監督「新人賞輩出が僕の役割」
二宮和也「キネマ旬報」主演男優賞に嵐メンバーも祝福の声
深津絵里「主演女優賞受賞は浅野忠信の底知れぬ力のおかげ」
本木雅弘の危機?!「妻と愛人の鉢合わせ回避に安堵」
30代の新人賞俳優・篠原篤「続けて良かった」
2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン一覧
2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式フォトギャラリー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD