映画『恋人たち』橋口亮輔監督「新人賞輩出が僕の役割」



映画『恋人たち』の橋口亮輔監督、第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式にて
映画『恋人たち』の橋口亮輔監督
[シネママニエラ]第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式が2月13日に開催され、作品賞・監督賞・脚本賞・新人俳優賞(篠原篤)を受賞した映画『恋人たち』の橋口亮輔監督が式に出席し「新人賞輩出が僕の役割」だと、同作の製作経緯と映画人としての思いに触れた。

2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン一覧

低予算かつ小規模公開作品ながら歴史ある賞に輝いた本作。橋口監督は「ありがとうございます。キネマ旬報の賞は、映画を志すものならば一生に一度は!という賞。うれしく思います。最初から本作は作品賞をとるような作品にはならないものと思っており、僕の役割は新人賞を輩出することだと思っていました」として、その最初の志が叶い「新人賞に篠原篤と聞いたときはとてもうれしかったです」と顔をほころばせた。30代の新人賞俳優・篠原篤「続けて良かった」

同作はアツシ(篠原篤)、瞳子(成嶋瞳子)、四ノ宮(池田良)という心に傷を抱えながらも幸せを求めて生きるキャラクターの姿を捉え、失ってはじめて当たり前の日々のかけがえのなさに気づいていくことを描いたドラマ映画。

映画『ぐるりのこと。』を発表したのは7年前。自分も『恋人たち』の主人公のアツシのように、どん底の暮らしだった。松竹ブロードキャスティングの深田誠剛プロデューサーがお弁当を持って訪ねて来てくれて『橋口さん、映画を作りましょう』と繰り返し、誘ってくれた。忍耐強くつきあって、支えてくださった」と振り返る

深津絵里と本木雅弘、ジャン・ユンカーマン監督そして無名俳優の起用についても「オーディションを兼ねたワークショップでは、一目見てスターになるっていう人は一人もいなかった。地味な人でも、その人をじっとみていると気持ちの揺れが見えてくる。そうするといとおしくなってくる」と人に寄り添う姿勢を明かした。

だが、本作の「脚本にはワークショップに参加してくれた方々のアイデアも含まれている」ことにも触れ、誰かが見ていてくれることの喜びを交えて、本賞の受賞により「映画界で仕事をやれるなと思わせてくれた」と明るい表情を見せた。

映画『恋人たち』(松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ配給)は全国にて上映中
公式サイト http://koibitotachi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD