「本木節」を披露した本木雅弘、2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式にて

本木雅弘の危機?!「妻と愛人の鉢合わせ回避に安堵」

映画会見/イベントレポート

深津絵里と本木雅弘、2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式にて
深津絵里と本木雅弘
[シネママニエラ]映画『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』の演技により助演男優賞に輝いた俳優の本木雅弘が2月13日、「第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」に出席した。受賞コメントを語る前に、「次回作の妻と愛人役がこの会場で鉢合わせする危機を回避できた」とユーモアを交えて語り、会場がなごんだ。

二宮和也「キネマ旬報」主演男優賞に嵐メンバーも祝福の声

本木は「ご挨拶の前に、ひとつご報告というか宣伝ですけれども」と前置きし、続けて「さきおとといに、この秋公開の西川美和監督の『永い言い訳』のアフレコをしておりまして、事実上、すべて出番が終わった」として現状報告と思わせる。

そこから「その作品の中で、実は後ろにいらっしゃる(第89回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞の)深津絵里さんがわたしの妻、そして本日代行で、この舞台に立てなかった(第89回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞の)黒木華さんがわたしの愛人役という、この場は映画の中では実現しなかった鉢合わせになる予定だったのですが、内心落ち着かず揺れていたのですが、危険を回避できました。失礼いたしました」と訥々と語り、意外な話題の展開に、会場は笑いに包まれた。

受賞については「(第89回キネマ旬報ベスト・テン監督賞の)橋口さんのお話しを聞いても、映画は身を切るような思いで制作されていることがわかります。わたしは恵まれております。用意された場に何食わぬ顔で立ち、短い苦しみで済んでおります。映画は仕上げの段階まで大勢の方によって成り立っている。精進してこの仕事を続けていきます」と映画人としての立ち位置を謙虚に受け止めつつ、後世に残る作品に一本でも多く出演したい旨の今後の抱負を語った。

本木の義母(女優の樹木希林)の「樹木節」も有名だが、本木の話術センスも巧み。実は賞状とトロフィーを受け取った後で受賞コメントを語るという進行だが、スタンドマイクの上下調節が動かないハプニングが。これにも本木は余裕の笑顔でスマートに対応するなどナイスガイぶりを見せつけた。

映画『日本のいちばん長い日』作品情報・予告編動画
映画『天空の蜂』作品情報・予告編動画

西川美和監督の映画『永い言い訳』(アスミック・エース配給)は2016年秋公開
公式サイト http://nagai-iiwake.com/

[amazonjs asin=”B016MBAX7U” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本のいちばん長い日 豪華版(3枚組) Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B017QXDVSG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”天空の蜂 豪華版(3枚組) Blu-ray”]

【関連】
映画『恋人たち』橋口亮輔監督「新人賞輩出が僕の役割」
二宮和也「キネマ旬報」主演男優賞に嵐メンバーも祝福の声
深津絵里「主演女優賞受賞は浅野忠信の底知れぬ力のおかげ」
本木雅弘の危機?!「妻と愛人の鉢合わせ回避に安堵」
30代の新人賞俳優・篠原篤「続けて良かった」
2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン一覧
2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式フォトギャラリー

[amazonjs asin=”B019WGZPYI” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”キネマ旬報 2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 No.1710″]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で