本木雅弘『天空の蜂』初日は綾野剛や永瀬匡の若手イジりに徹する

映画会見/イベントレポート

堤幸彦監督の映画『天空の蜂』初日舞台あいさつ[シネママニエラ]俳優の本木雅弘が9月12日、江口洋介と初共演した映画『天空の蜂』の初日舞台あいさつに出席し、共演の若手俳優陣・綾野剛や永瀬匡をサポートするためにイジりに徹する頼もしい兄貴ぶりを見せた。この舞台あいさつには江口、本木、綾野、永瀬をはじめ仲間由紀恵、國村 隼、佐藤二朗、松島 花、堤 幸彦監督が登壇した。

『天空の蜂』本木雅弘「未来を担う子供にいかに伝えるか」熱弁

まず、巨大ヘリ・ビッグBを奪った男を演じた綾野が、開口一番「無事に初日を迎えて、おめでとうございます」と労いを込めて挨拶するや、江口と本木が声をそろえて「なんか他人事だな!(笑)」とツッコミ。堤監督も「今日は綾野Bだよ!」とフォロー。

また、思い出深い撮影を問われた本木は「綾野さんと落合(モトキ)さんのシーンですね。綾野さん演じる雑賀のシーンはすごいですね。その場面に相手へのリスペクトが込められているんです。綾野さんは只者じゃないと思いましたね」と真顔で述べ、「綾野さんが自分で指を切るシーンがありますが…あれ、ようやく指が生えてきたんですね。よかったですね~」とオトボケ気味なフリで、綾野から「そうです、ようやく生えました(笑)」という返しが。

さらに、本木は永瀬に「(本作の公式)Twitter大使の活動をされて、秦(基博)さんの「Q & A」が歌えると聞いたんですが…」と促すや、永瀬は「えっ」と戸惑いつつも「一応、歌詞持ってますけど…」として、本作の主題歌「Q & A」を熱唱。本木は歌唱を「素晴らしい!!ありがとうございます(笑)」と称え、「とにかく、この作品には若手の魅力が詰まっているって伝えたかったんです!」と頼もしい兄貴ぶりを見せて、若手の魅力を引き出していた。

最後に「この作品っていろんな意味で“愛”が詰まっているんだと思います。人それぞれっで解釈が変わるかと思いますが、皆さんなりのメッセージを見つけていただきたいですね」と本木。そして江口も「秦さんの歌詞にもありますが、“迷わず人は手を差し延ばせるか”の通り、自分には何ができるのか、この映画で答えが見つかると思います」と締めくくった。

本作は、東野圭吾著の小説を基に、最新鋭の超巨大ヘリを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるテロに立ち向かう様子を描く社会派エンタメ。映画『天空の蜂』(松竹配給)は公開中。

天空の蜂 – 映画予告編・特別映像


©2015「天空の蜂」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で