隠れ原ゆたかを捜して!『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』

映画会見/イベントレポート

“隠れ原ゆたか”が4箇所『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』[シネママニエラ]「宇宙の日」である9月12日に『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』の初日舞台あいさつが実施され、原作者の原ゆたか先生、山寺宏一(ゾロリ役)、愛河里花子(イシシ役)、くまいもとこ(ノシシ役)、そしてスペシャルゲストにFly or Dieのボーカル、ダークネスことマキタスポーツが登壇した。

舞台は宇宙!映画『かいけつゾロリ』新作のタイトルとビジュアル発表

「かいけつゾロリ」シリーズは、誕生から28年間で累計発行部数は驚異の3,500万部を突破している、子供たちに圧倒的な人気を誇るカリスマ児童書。「いたずらの王者」をめざすキツネの「ゾロリ」が、双子のイノシシの「イシシ&ノシシ」を子分に、行く先々で活躍をしていく物語。今作は宇宙を舞台にしたオリジナルストーリーが展開する。

マキタスポーツは、初の映画主題歌『とぅ・び・こん・にゅ』を手掛けた晴れ舞台。「素顔はR指定だから、ゾロリファンの子どもたちには見せられない!」とビジュアル系の化粧には1時間をかけて長髪とマント姿で登場! 歌詞には「子どもから僕のような大人の世代にまで響くメロディを作った。ゾロリとロックの融合です!」と熱い思いを明かした。

山寺は、会場に集まったたくさんの子どもたちに向けて「劇中のオナラのシーンが最高!僕も冬にダウンコートを着てオナラをするとこもってしまって10分後にほのかな臭いが。なんて経験があります。こもったオナラには注意です!」と自身の体験談を交えて語り、笑いを得る。

原先生は「映画の1本目に携わってくれた、売れっ子の岡田麿里さんが(脚本として)戻ってきてくれて、元気になれる物語を書いてくれた。みんなと一緒の気持ちで楽しみに待っていました」とニッコリ。

この映画のために書き下ろした、映画館でしかもらえない入場者プレゼント【<映画特別版>ゾロリしんぶん】を取り出すと、「この新聞には本1冊分の力がこもってる。がんばって作りました!」と心情を吐露。また、「作品の中に実は、“隠れ原ゆたか”が4箇所登場します! 監督が秘密にして教えてくれないから僕も2つしか見つけられてないけど、みんなも何度も観て探してね」と課題を出した。

『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』全国大ヒット公開中

『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』特報

©2015原ゆたか/ポプラ社, 映画かいけつゾロリ製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で