藤原竜也『探検隊の栄光』UMAヤーガを求めて秘境へ



[シネママニエラ]俳優の藤原竜也が映画『探検隊の栄光』で未確認生物・三首の巨獣ヤーガを求めて秘境の地へ赴き、番組作りに挑む姿を体現する!

映画『探検隊の栄光』(山本透監督)
©「探検隊の栄光」製作委員会 ©荒木源/小学館

バカバカしくも最高に愉快な探検隊の冒険がはじまる!

荒木源著の小説「探検隊の栄光」をベースにした本作は落ち目俳優の杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦する様を描くもの。浪漫を求め探検に命をかけた男たちの物語が、新たなフィルターを通して再現されていく。

映画『探検隊の栄光』日本版ポスター

「オモシロければ何でもあり」の番組プロデューサー井坂(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター瀬川(小澤征悦)、職人気質のカメラマン橋本(田中要次)、UMAオタクの音声・照明の小宮山(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD赤田(佐野ひなこ)、テキトーな現地通訳マゼラン(岡安章介)ら番組スタッフのチームワークもバラバラで、行き当たりばったりの撮影に振り回される杉崎だが、いつしか隊長の自覚も芽生えていく。

映画『探検隊の栄光』あらすじ

ペラン共和国の空港でプロデューサーの迎えを待つ杉崎正雄のもとに、怪しげな現地人の男が何やら親しげに話しかけ、杉崎のスーツケースを抱え、同行を促す。意図がわからぬまま後を追う杉崎。スーツケースはワゴン車のトランクに無造作に投げ入れられ、すわ誘拐?!と身の危険を感じたところ、トイレットペーパーを手にしたプロデューサーの井坂が現れる。杉崎は「台本」を求めるが、テキトーにあしらわれ、探検地へと車は出発する。

【とりびあ】
撮影は熱帯ジャングルを彷彿とさせる全国の秘境で実施
過酷な撮影に、ストイックな藤原も「記憶が飛ぶぐらい」と表現している。

[スタッフ]
原作=荒木源「探検隊の栄光」(小学館刊) 
脚本=徳尾浩司、金沢達也、山本透 
監督=山本透  
制作プロダクション=ダブ

[主題歌]
ウルフルズ「ボンツビワイワイ」(ワーナーミュージック・ジャパン)

[キャスト]
藤原竜也、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、田中要次、川村陽介、佐野ひなこ、岡安章介(ななめ45°)

日本映画/91分
日本公開=2015年10月16日
配給=東宝映像事業部 
公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD