映画『暗殺教室~卒業編~』最終作戦はヌルフフフフッ!殺せんせーの謎も



[シネママニエラ]2015年3月に公開され、興行収五27億円(数字は配給発表)を超えるメガヒットを記録した映画『暗殺教室』待望の続編となる『暗殺教室~卒業編~』では、地球・人類の運命を賭した生徒たちの暗殺の結末と卒業、殺せんせーに隠された謎がスクリーンで明らかになるという。

映画『暗殺教室~卒業編~』(羽住英一郎監督)
©2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT
©松井優征/集英社

主人公・潮田渚を演じる山田涼介、赤羽カルマを演じる菅田将暉ほか、前作から引き続き「暗殺」メンバーが総出演!さらに最強の殺し屋・死神役に二宮和也、元3年E組担任・雪村あぐり役に桐谷美玲も参戦。前作よりもはるかにスケールアップした『暗殺教室~卒業編~』で描かれるのは誰もが共感できる生徒たちの“卒業”だ。

原作者・松井優征も監修に加わった本作では、一年間、殺せんせーのもとで一回りも二回りも大きく成長した3年E組の生徒たちと殺せんせーの関係性がどう決着するのか?

映画『暗殺教室』あらすじ

1年後の地球破壊を宣言するも、なぜか椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の担任教師となった謎のタコ型超生物・通称、殺せんせー。潮田渚ほか3年E組の生徒たちは地球を救うため、マッハ20の超速度で動き回るその超生物の暗殺を国家に託されているのであった。

映画『暗殺教室~卒業編~』あらすじ

「殺せるといいですねぇ、卒業までに。ヌルフフフフッ」
最終学期が訪れ、雪が降り積もる旧校舎。クラスの分裂を引き起こしてしまったE組。果たして「暗殺」か「救済」か。そんな中、ついに動き出す“殺せんせー暗殺最終作戦”。迫るタイムリミットの中で生徒たちが導き出した答えとは?

[スタッフ]
原作=「暗殺教室」松井優征(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督=羽住英一郎 
脚本=金澤達也
[キャスト]
山田涼介 二宮和也
菅田将暉 山本舞香/桐谷美玲(友情出演)
竹富聖花 優希美青 上原実矩/橋本環奈 加藤清史郎
知英 成宮寛貴/椎名桔平

映画『暗殺教室~卒業編~』(東宝配給)は2016年3月25日[金]より全国東宝系にてロードショー
公式サイト http://www.ansatsu-movie.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD