ヴァレリアン 千の惑星の救世主(原題 Valerian and the City of a Thousand Planets ) – 映画特報

© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

映画『レオン』『フィフス・エレメント』『LUCY/ルーシー』をはじめとする話題作を生み出し続けてきたフランスの巨匠リュック・ベッソン監督がそのキャリアにおいても最大級のスケールを誇るSF超大作。この原作はピエール・クリスタン(作)ジャン=クロード・メジエール(画)のSFコミックの金字塔「ヴァレリアンとローレリーヌ( Valerian et Laureline )」で、あの『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えたとされる。ザ・ビートルズの楽曲「Because」が映画の予告編で使用されるのは初!
(原題 Valerian and the City of a Thousand Planets )

[caption id="attachment_32541" align="aligncenter" width="800"]ヴァレリアン 千の惑星の救世主(原題 Valerian and the City of a Thousand Planets )ヴァレリアンとローレリーヌ © 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION[/caption]

広大な銀河を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアンを演じるのはデイン・デハーン。『アメイジング・スパイダーマン2』でスパイダーマンの好敵手であるグリーン・ゴブリンを演じた、今最も注目されている俳優。そして、頼れる相棒にしてクールビューティーのローレリーヌを演じるのは、ファッションアイコンとして数々のファッション誌を飾り、女優に転身したカーラ・デルヴィーニュ。『スーサイド・スクワッド』ではウィル・スミスやベン・アフレックといった超大物俳優とも共演しています。ナタリー・ポートマンやミラ・ジョヴォヴィッチをスターダムへと押し上げてきたリュック・ベッソン監督とのタッグは、新たなスター女優の誕生といえるだろう。

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』あらすじ

西暦2740年。ヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールしている。二人が向かう“アルファ宇宙ステーション”は長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか!?(2017年/フランス映画/英語/カラー/スコープサイズ/137分)
監督・脚本 リュック・ベッソン 原作 ピエール・クリスタンジャン=クロード・メジエール「ヴァレリアンとローレリーヌ」| 出演 デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(キノフィルムズ/木下グループ配給)は2018年3月より→2018年3月30日[金]より全国公開



映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』公式サイト
SFコミック「ヴァレリアン」 (小学館集英社プロダクション)をAmazonで購入する2018年2月7日頃発売予定