志乃ちゃんは自分の名前が言えない(南沙良&蒔田彩珠W主演×湯浅弘章監督) – 映画予告編

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

人気漫画家・押見修造の同名作。自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を呼んだ。待望の映画化では気鋭監督・湯浅弘章がメガホンをとり、『百円の恋』の足立紳が脚本を手掛ける。言葉が上手く話せない志乃を南沙良(『幼な子われらに生まれ』)が、音楽好きでコミュニケーションが苦手な加代を蒔田彩珠(『三度目の殺人』)が熱演する。加えて萩原利久(『あゝ、荒野』)演じる同級生の菊地の存在が、ふたりを揺さぶっていく様子も映し出される。(英題 )
厚生労働省より社会保障審議会児童福祉文化財に指定され、学生のみならず教育に関わる人に向けた優秀作品として推薦された。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(南沙良&蒔田彩珠W主演×湯浅弘章監督)
志乃ちゃんと同級生の加代ちゃん ©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』あらすじ

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…。
監督 湯浅弘章  原作 押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版) 脚本 足立 紳 音楽 まつきあゆむ|出演 南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲 山田キヌヲ  奥貫 薫

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(ビターズ・エンド 配給)は2018年7月14日[土]より新宿武蔵野館ほか全国順次公開



映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公式サイトhttp://www.bitters.co.jp/shinochan/
押見修造「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(太田出版)をAmazonで購入する
南沙良【美少女観測隊】映画『幼な子われらに生まれ』より