日曜日, 2月 23, 2020

恐竜が教えてくれたこと – 映画予告編

恐竜が教えてくれたこと - 映画予告編

©2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH

アンナ・ウォルツの児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を映画化! オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスにきていた少年サムが不思議な魅力にあふれた少女テスと出会い“秘密の計画”という冒険を体験する。第69回ベルリン国際映画祭ジェネレーションKplus部門国際審査員賞スペシャルメンション受賞(英題 My Extraordinary Summer with Tess )


映画『恐竜が教えてくれたこと』
少年サムと少女テス
photo Bert Nijman copyright ©2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH


映画『恐竜が教えてくれたこと』あらすじ

オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスにきていた11歳の少年サム。彼は、「地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな」と悩む、小さな哲学者のような男の子。そんな彼が不思議な魅力にあふれた少女テスと出会う。そんなテスにサムはどんどん魅かれていく。ある日サムは、テスからある重大なことを打ち明けられる。死んだと知らされていたパパを、ママには内緒で島に招待したというのだ。娘がいるなんて知らないパパに、娘の存在をどんな風に知らせるのか…。テスとサムの秘密の計画が実行される! (2019年/オランダ映画/オランダ語・ドイツ語/カラー/84分)
監督 ステフェン・ワウテルロウト 脚本 ラウラ・ファンダイク 原作 アンナ・ウォルツ「ぼくとテスの秘密の七日間」(野坂悦子訳、フレーベル館) | 出演 ソンニ・ファンウッテレン、ヨセフィーン・アレンセンほか  

映画『恐竜が教えてくれたこと』(彩プロ 配給)は2020年3月よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開



映画『恐竜が教えてくれたこと』公式サイトkyoryu.ayapro.ne.jp
アンナ・ウォルツ著「ぼくとテスの秘密の七日間」(文学の森)をAmazonで購入する
令和の少年少女の冒険!アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』
犯人vs人質 映画『ハイネケン誘拐の代償』は実話ベース!