映画『誰もがそれを知っている』アスガー・ファルハディ監督「サスペンス要素は道具であり手段だ」

アスガー・ファルハディ監督「サスペンス要素は道具であり手段だ」

イランの名匠アスガー・ファルハディ監督が、最新作『誰もがそれを知っている』(原題 ‎Todos lo saben )について「サスペンス要素は道具であり手段だ」などと語るインタビュー映像が到着した。

続きを読む