ゴヤ賞10部門受賞の刑事ドラマ『マーシュランド』日本上陸

©ATIPICA FILMS ©SACROMONTE ©ATRESMEDEA CINE

[caption id="attachment_20728" align="alignright" width="300"]映画『マーシュランド』 ©ATIPICA FILMS ©SACROMONTE ©ATRESMEDEA CINE[/caption]スペイン暗黒の時代、その歴史的背景に基づく骨太かつスリリングなストーリー、刑事たちが繰り広げる熱いドラマ、そして緊張感に満ちた物語が辿り着く圧巻のラストがあなたの魂を揺さぶる! 2014年本国スペインで劇場公開された本作は、その年のスペイン・アカデミー賞(ゴヤ賞)で主人公の刑事コンビを演じた2人の同時ノミネートを含む延べ17部門にノミネート、そのうち作品賞・監督賞などを含む10部門を受賞する快挙を達成。その他にも幾多の映画祭・映画賞で圧倒的評価を受け多数の賞を獲得。

映画『マーシュランド』あらすじ

独裁政治の爪痕が未だ残る1980年のスペイン・アンダルシア地方。湿地帯の小さな町で、祭りの最中に2人の少女が行方不明となり、やがて死体で発見される。彼女たちは強姦され、凄惨な拷問を受け、そして殺されていた。 事件の捜査を担当するのは、首都マドリードから左遷されてきた若く血気盛んな刑事ペドロと、ベテランのフアン。ほどなく二人は、過去にも同様の少⼥女失踪事件が起こっていることを突き止める。しかし、捜査を進めていくうちに明らかになる、貧困、差別、汚職、小児性愛に麻薬密売、小さな町にはびこる幾多の悪意が刑事たちの行く手を阻む。そんな中、また一人少女が姿を消す。救出までのタイムリミットはわずか。2人は少女の命を救い、事件の全貌を暴くことができるのか? [gallery columns="4" ids="20730,20729,20728"] [スタッフ] 監督=アルベルト・ロドリゲス 脚本=ラファエル・コボス、アルベルト・ロドリゲス 撮影=アレックス・カタラン [キャスト] ラウール・アレバロ、ハビエル・グティエレス、アントニオ・デ・ラ・トレ、メルセデス・レオン 2014年 スペイン映画/105分 原題=La isla mínima(英題:Marshland) 配給=クロックワークス ©ATIPICA FILMS ©SACROMONTE ©ATRESMEDEA CINE
映画『マーシュランド』 特集上映【WEC(ワールド・エクストリーム・シネマ)2015】 2015年10月17日[土]-10月30日[金]ヒューマントラストシネマ渋谷にて2週間限定公開! 特別料金1,300円 ※リピーター割引あり 公式サイト http://world-extreme-cinema.com/

映画『マーシュランド』日本版ポスター

『マーシュランド』日本版ポスター ©ATIPICA FILMS ©SACROMONTE ©ATRESMEDEA CINE