火曜日, 1月 19, 2021

劇場アニメ『亜人 第3部–衝戟-』最終章は原作とは異なる展開と異なる結末が待っている

©桜井画門・講談社/亜人管理委員会

決して死なない新人類・亜人と、それを追う日本国政府、両者の戦いを本格的なアクションと緻密な心理描写で描く大ヒットコミック「亜人」を3部作でアニメーション映画化。

不死の高校生、テロリスト、日本政府による、壮絶な最後の三つ巴の闘い。劇場アニメ完全オリジナルによる、もう一つの「亜人」完結。日本アニメ史上、類を見ないスピードとスケールで繰り広げられる戦闘。敵と味方がめまぐるしく入れ替わり、人間関係が交錯するスリリングなストーリー。その中で、徐々に明らかになる、亜人・佐藤の恐るべき正体。最終章『衝戟』は、原作とは異なる展開、異なる結末が用意され、原作ファンをも飽きさせない仕掛けが施されている。

また、テレビシリーズ版とはひと味違う、アクションに重点を置いたシャープな演出と、劇場ならではのハードな音響効果が作品を盛り上げる。劇場版『亜人』シリーズを締めくくる主題歌を歌うのは、主人公・永井圭を演じる宮野真守(『The Birth』)。また、総監督・監督を務めるのは、共に前2作を指揮した、瀬下寛之総監督と安藤裕章監督。アニメーション制作は、エミー賞を立て続けに受賞し海外で圧倒的な存在感を示している、前2作に引き続きポリゴン・ピクチュアズ(『シドニアの騎士』『シドニアの騎士 第九惑星戦役』)が担当。ポリゴン・ピクチュアズならではの最新3DCG技術を駆使し、脆い粒子の集合体であるIBM同士の迫力の肉弾戦から、登場人物たちの個性溢れる繊細な表情まで、余すところなくスクリーンに再現する。アニメーションの枠を越えた、重厚感のある本格バトル・サバイヴ・サスペンスを、劇場のスクリーンでぜひ堪能したいもの。

映画『亜人 –衝戟-(あじん –しょうげき-)』あらすじ

カウントダウン開始の合図。第二のウェーブ浄化がはじまった。リストノ順番に殺されていく国家の要人たち。しかし、政府はテロに屈しない姿勢を貫く。

映画『亜人 –衝戟-』(東宝映像事業部 配給)は2016年9月23日[金]より10月13日[木]まで3週間完全限定公開!
公式サイト http://www.ajin.net/

【関連記事】
劇場アニメ『亜人 第1部 -衝動-』不死の新人類・永井圭の逃亡劇
劇場アニメ『亜人 第1弾 衝動』PV第2弾届く
劇場アニメ『亜人 第2部 -衝突-』新人類・亜人と厚生労働省・亜人管理委員会の攻防戦

映画『亜人 –衝戟-』日本版ポスター

映画『亜人 –衝戟-』日本版ポスター
©桜井画門・講談社/亜人管理委員会