木曜日, 4月 15, 2021

オレの獲物はビンラディン(原題 Army of One ) – 映画予告編

© 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved

映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズ監督とニコラス・ケイジがタッグを組む、ビンラディン誘拐を企てたとして2010年にパキスタン当局に拘束された実在のアメリカ人ゲイリー・フォークナーの実話がベースのコメディ映画。予告編のナレーションを務めるのはケイジの吹き替えでおなじみの声優・大塚明夫。
(原題 Army of One )

オレの獲物はビンラディン(原題 Army of One )
© 2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved


映画『オレの獲物はビンラディン』あらすじ

コロラド州の片田舎。アメリカをこよなく愛する中年男のゲイリーは、米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンの居場所を政府がいつまでも見つけられないことに業を煮やしていた。ある時、日課である人工透析の最中にゲイリーは「パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえるのだ!」という神の啓示を受ける。アメリカを救えるのは、オレしかいない! 使命感を燃え立たせ、ゲイリーは独りぼっちで作戦を進めていく。資金集めのためラスベガスに飛び、入国手段のヨットや武器の日本刀を調達し……あらゆる波乱を乗り越えてようやく辿り着いたパキスタン。ところが、彼を待ち受けていたのは?(2016年/アメリカ映画/英語/カラー/5.1ch/DCP/92分 字幕翻訳 岩辺いずみ)
監督 ラリー・チャールズ 脚本 ラジヴ・ジョセフ&スコット・ロスマン 音楽 デヴィッド・ニューマン 撮影 アンソニー・ハードウィック 美術セバスチャン・スークプ 衣装メアリー・E・マクリード |出演 ニコラス・ケイジ、ラッセル・ブランド、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、レイン・ウィルソン、マシュー・モディーン

映画『オレの獲物はビンラディン』(トランスフォーマー配給)は2017年12月16日[土]よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開



映画『オレの獲物はビンラディン』公式サイト
映画『ゼロ・ダーク・サーティ』が描く10年目の真実