土曜日, 9月 26, 2020

ありふれた悪事(英題 Ordinary Person) – 映画予告編

©2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

韓国民主化直前の軍事独裁時代末期の暗い歴史を描くサスペンス映画。正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジンはある日、大統領直属の情報機関・国家安全企画部の室長ギュナムに呼び出され、「別件で逮捕した男が連続殺人事件の犯人である」と告げられる。モスクワ国際映画祭で主演男優賞と最優秀アジア映画賞の2冠を受賞した。主演男優賞を受賞したのは『リバイバル 妻は二度殺される』などの大ヒット作で知られる名優ソン・ヒョンジュ。陰謀の黒幕となる国家安全企画部長を演じるのは『火山高』『僕の彼女を紹介します』など韓流ブーム全盛期から今日に至るまで第一線で活躍を続ける人気俳優のチャン・ヒョクが演じている。
(英題 Ordinary Person )

ありふれた悪事(英題 Ordinary Person)
©2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

映画『ありふれた悪事』あらすじ

少々荒っぽいが、正義感の強い平凡な刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)。足の不自由な息子のことや、内職して家計を支えている妻のこと。気がかりなことは山ほどあるし、楽しみといえば近所に住む大親友の記者ジェジン(キム・サンホ)と酒を酌み交わす事くらい。それでも日々幸せに暮らしていた。しかしそんなある日、ソンジンは大統領直属の情報機関である国家安全企画部の室長ギュナム(チャン・ヒョク)に呼び出され、別件で逮捕した男が国民を恐怖に陥れている連続殺人事件の犯人であると告げられる。極秘資料を提供され裏付け捜査への協力を命じられると、一旦はギュナムの話を信じたソンジンだったが、捜査を進めれば進めるほど男が犯人ではないことに気付く。連続殺人犯逮捕のニュースは国民の目を欺くためにギュナムが仕掛けた完全な捏造だったのだ。多額の報酬、そして息子への治療への援助と引き換えに、ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。一方、捜査に疑いの目を向けるジェジンは、国家安全企画部の陰謀を暴くべく、妨害を受けながらも取材を続けるのだが…。(2016年/韓国映画/カラー/シネマスコープ/デジタル上映/ドルビーSRD/121分 字幕翻訳 崔樹連)
監督 キム・ボンハン 脚本 チョ・サムエル 撮影 キム・ソンチョル 音楽 チョン・ジノ|出演 ソン・ヒョンジュ、チャン・ヒョク、キム・サンホ、ラ・ミラン、チョン・マンシク、オ・ヨンア、チ・スンヒョン、チョ・ダルファン

映画『ありふれた悪事』(クロックワークス 配給)は2017年12月9日[土]よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開



映画『ありふれた悪事』公式サイト
映画『隻眼の虎』朝鮮最後の虎と人間との死闘を描くスペクタクル史劇
最高権力者に倍返し!映画『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』