ブレイン・ゲーム(原題 SOLACE ) – 映画予告編

© 2014 SUPERSENSORY, LLC
【広告付与者は「Lionsgate Relativity Media (Lasso Entertainment)」様です/Monetization by Lionsgate Relativity Media (Lasso Entertainment)】

アンソニー・ホプキンスとコリン・ファレルが競演し“頭脳戦”を繰り広げるサイコスリラー!予知能力者の持ち主である二人の「どちらが先に未来を変える」のか。(原題 SOLACE )
脚本は、『ザ・コア』『マッチスティック・マン』などでプロデューサーを務めたショーン・ベイリーと『オーシャンズ11』『完全犯罪』のテッド・グリフィン。脚本に惚れこんだアンソニー・ホプキンスは、製作総指揮にも名を連ねている。監督は、ブラジルの俊英アフォンソ・ポイアルチで、長編第二作にして、ハリウッドデビュー作となる。

[caption align="aligncenter" width="800"]ブレイン・ゲーム(原題 SOLACE ) アンソニー・ホプキンス
© 2014 SUPERSENSORY, LLC [/caption]

映画『ブレイン・ゲーム』あらすじ

FBI捜査官とその若き相棒は、連続殺人事件の捜査に行き詰まり、引退した元同僚のアナリストで医師であるジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)に助けを求める。娘の死をきかっけに世間から閉じこもり、隠遁生活を送っていた博士だが、この事件に特別の感情を抱き、捜査に協力をすることに。だが、並外れた予知能力の持ち主である博士は、この容疑者(コリン・ファレル)が自身以上の能力をもっていることに気づく。(2015年/アメリカ映画/スコープ/5.1ch/101分 R15)
製作総指揮 アンソニー・ホプキンス 監督・脚本 アフォンソ・ポイアルチ  音楽 ブライアン・トランソー  脚本 ショーン・ベイリー、テッド・グリフィン |出演 アンソニー・ホプキンス、ジェフリー・ディーン・モーガン、アビー・コーニッシュ、コリン・ファレル

映画『ブレイン・ゲーム』(ポニーキャニオン 配給)は2018年10月6日[土]より新宿武蔵野館ほか全国公開



映画『ブレイン・ゲーム』公式サイト http://braingame.jp/
犯人vs人質 映画『ハイネケン誘拐の代償』は実話ベース!