ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ(原題 HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS. ) – 映画予告編

©2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved

ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。(原題 HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS. )
監督はヴェネチア・ビエンナーレやイタリア国立21世紀美術館などのドキュメンタリーを手掛けた新鋭ドキュメンタリー作家のクラウディオ・ポリ。

[caption id="attachment_35542" align="aligncenter" width="800"]映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』(クラウディオ・ポリ監督) ©2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved[/caption]

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』あらすじ

1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。彼らは、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護した。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?(2018年/イタリア・フランス・ドイツ合作/イタリア語・フランス語・ドイツ語・英語/ビスタサイズ/97分 字幕翻訳 吉川美奈子)
原案 ディディ・ニョッキ 監督 クラウディオ・ポリ |トニ・セルヴィッロ

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』(クロックワークス、アルバトロス・フィルム 配給)は2019年4月19日[金]よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

[caption id="attachment_35543" align="aligncenter" width="800"]映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』(クロックワークス、アルバトロス・フィルム 配給) ©2018-3D Produzioni and Nexo Digital-All rights reserved[/caption]

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』公式サイトhttp://hitlervspicasso-movie.com/
特殊部隊モニュメンツメンを描く『ミケランジェロ・プロジェクト』11月公開