金曜日, 5月 29, 2020

ジョジョ・ラビット(原題 JOJO RABBIT ) – 映画特報

ジョジョ・ラビット(原題 JOJO RABBIT) - 映画特報

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

第二次世界大戦中のドイツを舞台に、戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を弾けるユーモアとともに描き出す壮大なヒューマン・エンターテイメント。FOXサーチライト・ピクチャーズが贈るタイカ・ワイティティ監督最新作(原題:JOJO RABBIT)
ワイティティ監督は脚本について、「憎悪と偏見についての直球の映画にしたくはなかった。だから、脚本には全く自制をかけなかった。言うべきことを言うにはひるまずに決死の覚悟で書かなくてはいけない。危険の無いものなら、私がやる価値も無い。大コケするかもしれないリスクを背負って必死になれば、最高に創造的で先進的な表現が出てくるからね」と述べる通り、この時代への既成概念を大胆不敵にひっくり返す物語にしている。

ジョジョ・ラビット(原題 JOJO RABBIT )
ジョジョとアドルフ ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC


映画『ジョジョ・ラビット』あらすじ

第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちのアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマサイン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気付く。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!? (2019年/アメリカ映画/109分)
監督・脚本 タイカ・ワイティティ『マイティ・ソー バトルロイヤル』|出演 ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン

映画『ジョジョ・ラビット』(ウォルト・ディズニー・ジャパン 配給)は2020年1月17日[金]より全国公開

映画『ジョジョ・ラビット』ポスタービジュアル
映画『ジョジョ・ラビット』ポスタービジュアル
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC


スライドショーには JavaScript が必要です。

映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトwww.foxmovies-jp.com/jojorabbit
マイティ・ソー バトルロイヤル(原題 THOR RAGNAROK ) – 映画予告編
ライアン・レイノルズ『フリー・ガイ』撮影開始!