山﨑賢人『羊と鋼の森』楽曲は「優しくて聴いていると癒される」

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート

俳優の山﨑賢人が5月20日、主演映画『羊と鋼の森』の完成披露試写会に出席し、同作の「The Dream of the Lambs」や「水の戯れ」といった楽曲は「優しくて聴いていると癒される」と語った。この日は本作のエンディングで楽曲演奏をされた、ピアニストの辻井伸行氏がゲスト登壇し、エンディングテーマで久石譲作曲「The Dream of the Lambs」とモーリス・ラヴェル作曲「水の戯れ」の2曲を生演奏し、会場を魅了した。

山﨑賢人、映画『羊と鋼の森』完成披露試写会
主演の山﨑賢人

第13回本屋大賞を受賞した、宮下奈都著の小説「羊と鋼の森」(文春文庫)をベースにして実写化した本作は、家族とともに森で育った主人公・外村が学生時代にピアノと調律師の仕事と出会い、調律師として生きていくと決意した成長の物語。

左から橋本光二郎監督、鈴木亮平、辻井伸行氏、山崎賢人、上白石萌音、上白石萌歌
左から橋本光二郎監督、鈴木亮平、辻井伸行氏、山崎賢人、上白石萌音、上白石萌歌

山﨑賢人『羊と鋼の森』楽曲は「優しくて聴いていると癒される」

この日の舞台挨拶には山﨑をはじめ、鈴木亮平、上白石萌音、上白石萌歌、橋本光二郎監督が揃い、ゲストの辻井伸行氏も駆け付けた。辻井氏は世界最高峰のピアノ「スタインウェイ&サンズ」で、約9分に渡り「The Dream of the Lambs」(意味は羊の夢)と「水の戯れ」の2曲を生演奏する大サービス。

登壇者はステージ上手で着座して鑑賞した。演奏が始まると冒頭こそカメラマンのシャッター音が響いたものの、素晴らしい音色に途中からはみなが演奏に聴き入り、場内は静謐な時が流れた。生演奏を耳にした山﨑は主演にもかかわらず「今日は来てよかった!」と素直に感動したと言葉にしたのだが、その微笑ましさに場内からはクスクスと笑いが。そんな純粋過ぎる点を憂慮する監督からの言葉が続く。

山﨑賢人はじめご一行は辻井伸行氏の演奏をステージ脇で鑑賞
ご一行は辻井伸行氏の演奏をステージ脇で鑑賞

橋本監督は、前作映画『orange -オレンジ-』でも山﨑を主演に起用した。そして「「The Dream of the Lambs」は優しく始まりますけども、途中でちょっと勇ましさを感じさせると言う点では山崎くんの演じた外村のキャラクターにちょっと重なる」のだと話す。そんな橋本監督は「(山﨑)賢人はいい意味で前作の際と変わらなくて“純粋”なまま」と話し、それが外村役を演じる際にぴたりとはまると解説。だからこそ「本作では主人公とともに山﨑自身の成長も考慮していた」そう。

辻井伸行氏は世界最高峰のピアノ「スタインウェイ&サンズ」で「The Dream of the Lambs」を生演奏
辻井伸行氏「The Dream of the Lambs」を生演奏

そのため外村の先輩を演じた鈴木にはある指示があったそう。「撮影前に監督から『ちょっと山﨑賢人を成長させて欲しい』と言われまして、撮影の後にはよく飲みに行ったりご飯を食べに行ったりしました」と振り返った鈴木。

鈴木亮平「旭川は羊とホルモンの森です!」山崎賢人「うまい!」
鈴木亮平「旭川は羊とホルモンの森です!」山崎賢人「うまい!」

そして、ロケ地の北海道・旭川での想い出にも言及。山﨑は「塩ホルモン」と「動物園」が印象に残っている様子。鈴木は「僕は何といってもジンギスカン!ジンギスカンは羊(のお肉)ですからね。旭川は“羊とホルモンの森”ですよ!」と作品にもマッチしていることを主張。これには山﨑が「二重の意味でうまい(「上手い」と「美味い」)」と先輩のセンスの良さに感心してみせた。

映画『羊と鋼の森』(東宝 配給)は2018年6月8日[金]より全国公開
©2018「羊と鋼の森」製作委員会

山﨑賢人さんの「崎(﨑)」は正しく表示されない場合があり、代用文字の「崎」としている箇所もあります。

映画『羊と鋼の森』公式サイト
羊と鋼の森(山崎賢人主演×橋本光二郎監督) – 映画予告編5/23up
映画『羊と鋼の森』(山崎賢人主演)フォトギャラリー
辻井伸行「羊と鋼の森 ~映画「羊と鋼の森」のために(AL2枚組)」をAmazonで購入する
宮下奈都著「羊と鋼の森」(文春文庫)をAmazonで購入する
山﨑賢人「映画『orange』が広がってやさしい世界になれば」

[amazonjs asin=”4167910101″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”羊と鋼の森 (文春文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で