高橋の鼻についた糸くずをとる様子

永野芽郁×高橋文哉『からかい上手の高木さん』ギュンギュン狙い!

ニュース

永野芽郁×高橋文哉『からかい上手の高木さん』ギュンギュン狙い!

映画『からかい上手の高木さん』完成披露試写会が5月16日、都内のイイノホールにて開催され、永野芽郁、高橋文哉、江口洋介、鈴木仁、平祐奈、前田旺志郎、志田彩良、今泉力哉監督が登壇し、同作について語った。

左から江口洋介、前田旺志郎、鈴木仁、永野芽郁、高橋文哉、平祐奈、志田彩良、今泉力哉監督
左から江口洋介、前田旺志郎、鈴木仁、永野芽郁、高橋文哉、平祐奈、志田彩良、今泉力哉監督

山本崇一朗著の同名人気コミックを実写化した本作では、中学生時代隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片が、一度は離ればなれになるも10年の月日が経った頃に再会するところから始まる物語となっている。全編を香川県の小豆島で撮影した。

イベント開始前には、永野と高橋が場内アナウンスをサプライズで実施。冒頭の声だけで、来場者たちは声の主に気がつき、何度も歓声が起きた。また、キャスト陣の登壇は客席通路を歩いて壇上にあがったためひときわ大きな歓声が場内に響き渡った。

大人になった高木さん役の永野は、「本日は初めてお客様に見ていただくということで、この日を迎えることができて本当に嬉しく思っております」と挨拶し、母校で体育教師になった西片役の高橋は、「僕自身、映画を見て、西片、そして高木さんが作り出す空気が本当に存在するんだなぁと思いましたし、小豆島で全編撮影させていただいて、小豆島だからこそ出た西片の表情や2人の空気感もたくさん映画の中に散りばめられています」と述べた。

ふたりの同級生役の鈴木(中井役)、平(真野役)、前田(浜口役)、志田(北条役)は、揃って作品の魅力に言及。「中井として知らない、出ていないシーンはたくさんあったので、それを見て単純にキュンキュンしました。なんかムズムズもしたし、とにかくほんとに自分自身も楽しめた作品」(鈴木)、「初お披露目にこうしてみんなで集まれて嬉しく思います。私も本当にキュンキュンしました。ほんとに可愛くて、すごく素敵」(平)、「高木さんと西片の…本当にキュンキュン。もうギュンギュンするぐらい、心がドキドキしながら観た」(前田)、「原作から見ていたので、実際に完成した映画を観て、芽郁ちゃんと文哉くんの演じる高木さんと西片が、あまりにも素敵すぎて……実は観ながらこっそり涙しました」(志田)。

高橋の鼻についた糸くずをとる様子
高橋の鼻についた糸くずをとる様子

このキュンキュンではなく、ギュンギュンについて高橋は、「僕はギュンギュン狙いですから!まんまと思うツボです。ありがとうございます」と笑顔で語れば、永野もやわらかな微笑みを浮かべて「思うツボです!」と発して、盛り上げた。

教頭役の江口は、「生徒たちが本当に可愛かったですね。そのふたりがめちゃめちゃキュートで、そのふたりが大人(のキャスト)になって初めての撮影の時にちょっと似ているんですよ」と語り、永野と高橋に対して「あれは何か芝居とかを見て研究したの?」と問いかけた。すると永野は「ありがとうございます。(中学時代の高木さん役を演じた月島琉衣さんを)見て研究しました」と答え、高橋も「僕も(中学時代を演じた)黒川(想矢)くんの動きを真似しました」と具体的な例をあげていた。

今泉監督は「ピュアさや気恥ずかしさや照れといった原作にあるピュアな時間がちゃんと閉じ込められたら」と意識したいたそうで、「山本先生や原作ファンの方も楽しめるものにしたい。この映画で初めて(物語を)知る人も観て楽しめるものになればという思いで、みんなで一生懸命に作りました」とまとめた。

永野芽郁、客席通路を歩いて壇上へ
永野芽郁、客席通路を歩いて壇上へ

「からかう、からかわれるという関係性」がポイントとなるが、永野が「文哉くんはからかわれる側です」、高橋も「永野さんはからかう側です」と役柄通りの関係性であるという。ただし、「僕が歩んできた人生は、「からかう側」だったんですけど、永野さんに出会って変わりましたね。“ここだけ”です!」と手で線引きして、強調した。鈴木も「文哉が、女性にからかわれるのは想像してなかったかも」と証言して、永野を「え?!そうなの?!うそっ!!」と驚かせていた。そして恭しく「……光栄でございます」と述べた。

この日は、小豆島での思い出と、作品が10年の時を超えて紡がれる初恋の物語ということで、各自が10年間ずっと好きなこと、または10年間ずっと続けていることが語られた。

映画『からかい上手の高木さん』あらすじ・作品データ

とある島の中学校。隣の席になった女の子・高木さんに、何かとからかわれてしまう男の子・西片。どうにかしてからかい返そうと策を練るも、いつも見透かされてしまい失敗…。そんなかけがえのない毎日を過ごしていた二人だったが、ある日離ればなれになってしまう…。
それから 10年――、高木さん(永野芽郁)が島に帰ってきた!「西片、ただいま。」母校で体育教師として奮闘する西片(高橋文哉)の前に、教育実習生として突然、現れたのだった! 10年ぶりに再会した二人の、止まっていた時間と、止まっていた「からかい」の日々が、再び動き出す―。(2024年/日本映画/120分)

映画『からかい上手の高木さん』予告編


©2024映画『からかい上手の高木さん』製作委員会 ©山本崇一朗/小学館

映画『からかい上手の高木さん』(東宝 配給)は2024年5月31日[金]より全国公開
©2024映画『からかい上手の高木さん』製作委員会 ©山本崇一朗/小学館

映画『からかい上手の高木さん』公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook
「からかい上手の高木さん(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス) Kindle版」をAmazonで購入する
永野芽郁「No cambia」2nd写真集表紙カット3種解禁!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で