オーストラリア出身の俳優ジョエル・エドガートン

ジョエル・エドガートン監督「受け入れる大切さを知った」

映画『ある少年の告白』(原題 BOY ERASED )は、全米で大きな反響を呼んだ衝撃の実話をもとに描かれる作品。ジョエル・エドガートン監督は、その製作の過程で多くの出逢いがあり「受け入れる大切さを知った」と自身の変化を話す

続きを読む